このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029950
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2001-045
事例作成日
(Creation date)
2001/09/28登録日時
(Registration date)
2006年08月09日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年01月29日 09時35分
質問
(Question)
岩倉遣外使節団(1871.4~1873.9に欧米に派遣された)について以下のことを知りたい。①この派遣にかかった総費用、②当時の国家予算、③派遣の費用をどのように捻出したか。
回答
(Answer)
①『大隈伯昔日譚 2』p651に「一百有餘萬金」、マリーン・メイヨの論文「岩倉使節の西洋研究」(『岩倉使節の研究』所収)p266にも「百万ドル近くにも達する」とある。また、『明治日本の国家財政研究』p53-54では、歳出資料に基づき、78万円余りとの推計あり。
なお、当時の為替レートは、岩倉使節団の報告書である『特命全権大使米欧回覧実記 1』p21によれば、「米の五弗」は「約我五円ノ十分の九ト概算スヘシ」とあり、1ドルは90銭程度と思われる。

②『明治財政史 3』によると以下のとおり。
第4期(明治3.10-4.9) 決算表 歳入総計 22,144,597円  歳出総計 19,235,154円
第5期(明治4.10-5.12) 決算表 歳入総計 50,445,172円 歳出総計 57,730,024円
第6期(明治6.1-6.12)  予算表 歳入総計 48,736,883円  歳出総計 46,595,618円
   決算表  歳入総計 85,507,244円 歳出総計 62,678,600円
予算制度の確立は明治6(1873)年なので、それ以前の予算表は見あたらない。また、明治5年12月に太陽暦を採用している関係で、会計期により期間の長短が見られる。

③『明治日本の国家財政研究』p53には、「国帑はカラの状態であったから、借金に依存しなければならなかった」とあり。
*国帑(コクド):『広辞苑』より「国庫の財貨」。
以上を回答する。
回答プロセス
(Answering process)
岩倉使節団及び明治財政史の関係資料にあたる。
回答欄に掲出した以外に参照した資料は、以下のとおり。
『岩倉使節団』(講談社現代新書)『岩倉使節団という冒険』『岩倉使節団の再発見』『岩倉使節団の比較文化史的研究』『岩倉使節団の歴史的研究』『岩倉使節団「米欧回覧実記」』『欧米から見た岩倉使節団』『「米欧回覧」百二十年の旅』幕末維新論集 7』ほか。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「国史大事典」「日本近現代人名辞典」
NDC
日本史  (210 9版)
財政史.事情  (342 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大隈伯昔日譚 2』(早稲田大学史編集所 早稲田大学出版部 1969)
『岩倉使節の研究』(大久保利謙 宗高書房 1976)
『明治日本の国家財政研究 近代明治国家の本質と初期財政の解明』(内田正弘 多賀出版 1992)
『特命全権大使米欧回覧実記 1』(久米邦武 岩波書店 1977)
『明治財政史 3』(明治財政史編纂会 吉川弘文館 1971)
キーワード
(Keywords)
岩倉使節団-明治時代-日本
国家-予算-財政史
岩倉 具視(イワクラ トモミ)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000029950解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!