このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029695
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2006-009
事例作成日
(Creation date)
2006/04/23登録日時
(Registration date)
2006年07月28日 02時10分更新日時
(Last update)
2008年03月17日 14時24分
質問
(Question)
江戸時代に、大の月・小の月があったが、その弊害について知りたいので、資料名を教えてほしい。
回答
(Answer)
月の満ち欠けを基準とした太陰暦(旧暦)では、季節とのずれを調整するために閏月を設けたり、ひと月もその日数が決まっているわけではなく、年ごとに大の月(30日)、小の月(29日)の順序が変わるなど、複雑なものだった。弊害については、『日本史小百科 5 暦』と『こよみのはなし』に記述があり。下記資料にも関連記述があったのであわせて紹介した。
『ビジュアルワイド江戸時代館』『暦の百科事典』『現代こよみ読み解き事典』『日本の暦』(雄山閣)
回答プロセス
(Answering process)
〈大の月〉〈小の月〉をキーワードに探索する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本史小百科 5 暦』(広瀬秀雄 近藤出版社 1978)
『こよみのはなし』(小松恒夫 さ・え・ら書房 1985)
キーワード
(Keywords)
江戸時代-日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000029695解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!