このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029601
提供館
(Library)
池田市立図書館 (2310164)管理番号
(Control number)
ike-20061
事例作成日
(Creation date)
2006年07月10日登録日時
(Registration date)
2006年07月16日 11時09分更新日時
(Last update)
2007年10月10日 18時07分
質問
(Question)
江戸時代の婚礼の献立にはどんなものがあったか
回答
(Answer)
① 『図説江戸時代食生活事典 新装版』日本風俗史学会編(雄山閣)のp148に 「婚礼の食事」が記載されている。 庶民の婚礼について「・・・当時一般は初めからただちに饗の膳といって結び熨斗(のし)、飯、汁、タイ、イワシ、クラゲを一台とした。ていねいには序の盃のつぎに打躬(うちみ)の饗膳として、コイ、数の子、タイ、ショウガ、塩を載せ、つぎにまた盃が出て・・・」と記述とあり。

②『結婚の歴史-日本における婚礼式の形態と発展』江馬務(雄山閣)1971 の第8章 江戸時代の結婚 にさらに詳しい記述があり。
回答プロセス
(Answering process)
江戸時代の庶民の生活、食物の歴史等に関する本をあたる。
『図説江戸時代食生活事典 新装版』の「婚礼の食事」の項目の最後の参考文献として記載されていた『結婚の歴史』 江馬務(雄山閣)1971 を府立図書館より借受け(当館未所蔵)して確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通過儀礼.冠婚葬祭  (385 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図説江戸時代食生活事典 新装版』日本風俗史学会/編 雄山閣 1996.11
『結婚の歴史-日本における婚礼式の形態と発展』江馬務 雄山閣 1971
キーワード
(Keywords)
江戸時代
婚礼
食生活
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
池田(大阪府)の江戸時代の古文書のなかに引出物や献立のリストがあり、江戸時代の一般的なものと比較したいとのこと
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000029601解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決