このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029517
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2002-032
事例作成日
(Creation date)
2002/08/30登録日時
(Registration date)
2006年07月08日 02時12分更新日時
(Last update)
2010年02月12日 12時03分
質問
(Question)
以下を調べている。①国際水路機関(IHO)の沿革・組織・位置づけ等、②○○海、○○海峡を区分する(構成する)定義、③○○海という名前の決まり方。
回答
(Answer)
①『国際機関総覧 1991年版』に沿革・目的・任務・組織等の記載あり。『現行法規総覧 95』に国際水路機関条約あり。 
②『地図と地名』のp187「Ⅷ 地図地名の標準化 4(1)大洋と海の境界」の項に説明あり。
③『地図と地名』p181-に、地名の国際統一の沿革についての記載あり。『「日本海」という呼称』p62-に、「国際水路会議及び国連地名標準化会議」に関する記述あり。『海の地図』p172-に、国際海図に記載する地名の記述あり。
以上を回答する。
回答プロセス
(Answering process)
②海洋学関係、理科年表、地球科学等の資料にあたるが記述なし。また、『地図と地名』の参考文献の中で「大洋と海の境界」という出版物の紹介があり。《ゆにかねっと》《NACSIS Webcat》等を検索するがヒットしなかった。
②③は、雑誌「地図 第4巻3号、4号」に「海洋の境界とその名称(1)(2)」(中条久雄)が所収とわかったが、県内公共図書館の未所蔵につき内容未確認。

追記:国際水路機関(International Hydrographic Organization)のWebサイトは以下の通り。
http://www.iho-ohi.net/english/home/  2009/02/10最終確認)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
航海.航海学  (557 9版)
国際法  (329 9版)
地理.地誌.紀行  (290 9版)
参考資料
(Reference materials)
『地図と地名』(山口恵一郎 古今書院 1974)
『「日本海」という呼称』(芳井研一 新潟日報事業社 2002)
『海の地図 航海用海図から海底地形図まで 現代地理学シリーズ4』(川上喜代四 朝倉書店 1974)
キーワード
(Keywords)
海洋
水路
国際水路機関(IHO)-国際機関
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
地名
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000029517解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!