このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029490
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2003-096
事例作成日
(Creation date)
2003/10/21登録日時
(Registration date)
2006年07月08日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年02月13日 11時11分
質問
(Question)
脳梗塞の治療について治療方法、症例や歴史が書いてある本を探している。
回答
(Answer)
『脳梗塞これで安心』は、一般向けにわかりやすく診断・治療法について書かれている。
『脳梗塞の診断と治療』『変貌する脳卒中』は、専門的な内容。
『脳卒中最前線』は、診断と治療の症例あり。
『脳卒中在宅療養の動作訓練』『発症部位別にみた脳卒中者のリハビリテーション』はリハビリに関する内容。
『脳卒中克服法』は体験談である。
『脳卒中の精神医学』は脳卒中による精神障害のリハビについて。
『マヒ治療のカルテ』は脳卒中後遺症のマヒ治療について書かれている。
歴史については、特に見つからなかったが、上記『脳卒中最前線』に1950年代に流行したという電気刺激療法や、古くからの温熱療法、漢方、鍼などの記述あり。上記以外でも関連資料は多数あり。
以上を紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
外科学  (494 9版)
参考資料
(Reference materials)
『脳梗塞これで安心 早期発見できる予防できる ホーム・メディカ安心ガイド』(厚東篤生 小学館 2002)
『脳梗塞の診断と治療』(橋本洋一郎 診療新社 1994)
『変貌する脳卒中 無症候性脳梗塞をめぐって』(小林祥泰 メディカルレビュー社 1998)
『脳卒中最前線 急性期の診断からリハビリテーションまで 第2版』(藤田勉 医歯薬出版 1994)
『脳卒中在宅療養の動作訓練 家庭でもできるー寝がえりから歩行まで』(大田仁史 日本アビリティーズ協会 1984)
『発症部位別にみた脳卒中者のリハビリテーション 入院から地域連携まで 第2版』(長谷川幹 日本医事新報社 1995)
『脳卒中克服法 倒れた病院長のリハビリ・ノートから』(佐野恵 サンケイ新聞社 1979)
『脳卒中の精神医学 リハビリテーションの立場から』(田中恒孝 金剛出版 1989)
『マヒ治療のカルテ ここまでよくなる脳性麻痺・脳卒中後遺症』(松尾隆 西日本新聞社 1991)
キーワード
(Keywords)
脳梗塞
脳外科
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000029490解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!