このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029489
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2003-095
事例作成日
(Creation date)
2003/10/28登録日時
(Registration date)
2006年07月08日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年02月13日 11時35分
質問
(Question)
耳に聞こえず体に感じる音について、特定の個人だけが振動のように感じる音波があるというが、具体的にどのようなものか知りたい。また、その振動を感じた場合、それを防ぐ方法も教えてほしい。
回答
(Answer)
①音響について
『現代音響学』には、「1章 聴覚」「4章 建築音響…騒音防止建築」に関する記述あり。
『聴覚と音響心理』には、聴覚の生理と心理、騒音の人体への影響などの記述あり。
②騒音・低周波について
『騒音・振動 上・下』には騒音における人間への影響、低周波問題の記述あり。
『くらしと音』人間の可聴音について簡単な記述あり。
『音戯話』人間の可聴音、騒音防止についての記述あり。
③低周波について
『隠された健康障害』には、低周波音公害被害者が書いた事例・裁判例あり。
『実践騒音対策』『超低周波音と低周波音』には、低周波のほか、聞こえない超低周波についての説明と対策あり。
『地域の音環境計画』には、音環境別の全般的な騒音対策あり。
『わかりやすい静音化技術』には、騒音の基礎から対策までについて記述あり。
『超低周波音と低周波音』には、「低周波を聞きわける能力に個人差が大きい」とあるので特定個人というより、耳の敏感な人ということらしい。
騒音による睡眠障害については、『騒音・振動 上』p35に「若年層に比べて中高年層のほうが、また男子に比べて女子の方が影響をより多く受けることがわかる」とある。
①~③の資料により、音波は低周波音(超低周波音)と思われる。
以上を回答する。
回答プロセス
(Answering process)
『音響心理学原論』『音の科学』『基礎音響工学』には記述なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「音のなんでも小事典」(日本音響学会編)「基礎音響学」「音のふしぎ」。その他インターネットで低周波関係を検索した。
NDC
振動学.音響学  (424 9版)
環境工学.公害  (519 9版)
参考資料
(Reference materials)
『現代音響学 改訂2版』(牧田康雄 オーム社 1986)
『聴覚と音響心理』(境久雄 コロナ社 1982)
『騒音・振動 上・下』(子安勝 コロナ社 1980、82)
『くらしと音』(曽根敏夫 裳華房 1991)
『音戯話』(山下充康 コロナ社 1989)
『隠された健康障害 低周波音公害の真実』(汐見文隆 かもがわ出版 1999)
『実践騒音対策 騒音・低周波音・超低周波音』(中野有朋 日刊工業新聞社 2000)
『超低周波音と低周波音』(山田伸志 環境技術研究協会 1990)
『地域の音環境計画』(日本騒音制御工学会 技報堂出版 1997)
『わかりやすい静音化技術 騒音の基礎から対策まで』(一宮亮一 工業調査会 1999)
キーワード
(Keywords)
音波
低周波
音響-騒音
振動
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000029489解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!