このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029487
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2003-099
事例作成日
(Creation date)
2003/12/09登録日時
(Registration date)
2006年07月08日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年02月17日 09時54分
質問
(Question)
馬以外の動物(人間も含む)で歩き方、走り方、さらに進化過程について書かれた図書を探している。
回答
(Answer)
『犬の歩様力学』『イヌの動物学』『ウシの動物学』は動物ごとにまとめられている。
『サルとヒトと』『ヒトの誕生』『図説人類の進化』には、サルとヒトの歩行、進化についての記述あり。
『哺乳類の生物学 2 形態』『動物の運動』には、歩行と走行につての記述あり。
『走る科学』には、人間と動物との比較あり。
『アニマル・ロコモーション』には、ラクダのこぶと歩行の関係、人間が二本足で歩く理由あり。また、ヒトの姿勢と歩容、ヒトの足の進化の記述あり。
『動物園で学ぶ進化』には、動物と生態と体のつくりあり。
『脊椎動物の進化』では、脊椎動物の進化を体系的に解説している。
上記資料の提供のほかに、参考として『足跡図鑑』と「生物と運動」(県内公共図蔵)を紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「生物の動きの事典」
NDC
一般動物学  (481 9版)
遺伝学  (467 9版)
参考資料
(Reference materials)
『犬の歩様力学』(Leon Hollenbeck 鳳鳴堂書店 2002)
『イヌの動物学』(猪熊壽 東京大学出版会 2001)
『ウシの動物学』(遠藤秀紀 東京大学出版会 2001)
『サルとヒトと』(木村賛 サイエンス社 1990)
『ヒトの誕生 二つの運動革命が生んだ〈奇跡の生物種〉』( 葉山杉夫 PHP研究所 1999)
『図説人類の進化』(デビッド・ランバート 平凡社 1993)
『哺乳類の生物学 2 形態』(高槻成紀 東京大学出版会 1998)
『動物の運動 王立科学研究所1951年クリスマス講義』( ジェームズ・グレー 岩波書店 1963)
『走る科学』(小林寛道 大修館書店 1990)
『アニマル・ロコモーション』(小泉英雄 工作舎 1980)
『動物園で学ぶ進化』(堀田進 東海大学出版会 1978)
『脊椎動物の進化』(エドウィン・H.コルバート 築地書館 1994)
キーワード
(Keywords)
動物-歩行
進化-生物学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000029487解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決