このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029479
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2003-027
事例作成日
(Creation date)
2003/03/01登録日時
(Registration date)
2006年07月08日 02時12分更新日時
(Last update)
2009年02月17日 11時17分
質問
(Question)
投網の編み方を知りたい。編み方には2種類あると聞いたことがある。
回答
(Answer)
『日本水産捕採誌 復刻版』に編地の説明及び〈本目編み〉と〈蛙股編み〉の2種類の編み方の図あり。〈打網〉〈卸網〉の全体図及び構造についての記述があり、現在の〈投網〉と同様の形。
『網 ものと人間の文化史』『網漁具 付表 資材一般』『漁具材料』にも〈本目〉〈蛙股〉の2種類の編み方図あり。
『投網入門』の「投網各部の名称と単位」「投網の設計・沈み方と魚の習性」に使用糸や網目の大きさ等について記述あり。
『子どもとはじめる自然「冒険」図鑑 3』の「投網のやり方」に投網の全体図と構造についての記述あり。
以上の資料を提供する。
また、出版情報によると、「スポーツ投網」(竹内賢典 西東社 1982:国会図ほか蔵)が「投網の仕組みや選び方等について写真やイラストを豊富に用いて解説した投網入門書」とのことなので、あわあせて資料を紹介する。
インターネットでも投網の編み方を画像で詳述したWebサイトあり。参考までに紹介する。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「図録・民具入門事典」「日本大百科全書」「世界大百科事典」
NDC
漁船.漁具  (665 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本水産捕採誌 復刻版』(農商務省水産局 岩崎美術社 1983)
『網 ものと人間の文化史』(田辺悟 法政大学出版局 2002)
『網漁具 付表 資材一般』(高瀬増男 海文堂 1967)
『漁具材料』(本多勝司 恒星社厚生閣 1981)
『投網入門 投網の打ち方とその心得飯田流』(飯田儀尚 全国朝日放送 1981)
『子どもとはじめる自然「冒険」図鑑 3』(日本の川遊び 岩波書店 1993)
キーワード
(Keywords)
漁網
投網
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000029479解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決