このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029429
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2005-108
事例作成日
(Creation date)
2006/01/25登録日時
(Registration date)
2006年07月08日 02時11分更新日時
(Last update)
2008年03月20日 16時07分
質問
(Question)
シリコンゴムの収縮(一般的な性質)についてのなるべく新しい文献・資料を紹介してほしい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介。また、《NDL-OPAC(雑索)》での雑誌記事検索方法を伝えた。
『シリコーンハンドブック』(1998)「第9章 シリコーンゴム」p297-343 に「シリコーンゴムの性質」の項目があり。
『シリコーン材料ハンドブック』(1993)「第5章 シリコーンゴム」に性質・特性について記載あり。p180-181「圧縮永久歪」について記載あり。
『シリコーンの応用展開』(1998)シリコーンゴムだけに限らないが「電気・電子」「化学」「化粧品」等の応用例ごとに性質や特徴について解説あり。
『ゴムの事典』(2000) 3 ゴム材料 - 3.2 原料ゴム - 3.2.1 固形ゴムの項目に「シリコーン」の解説があり。 

ゴムの性質、特に収縮について「弾性」「硬さ」「圧縮永久ひずみ」など様々な観点の数値が記載された資料
『ゴム』(大日本図書 1968)『ゴム材料の選び方・使い方』(オーム社 1978)

より専門的な試験方法についての概要が記載された資料
『ゴム技術の基礎』(日本ゴム協会 1987)p285-326 に「ゴムの試験方法」あり。

シリコーンゴムと有機ゴムの性能比較についてわかる資料
『高分子材料大百科』(日刊工業新聞社 1999)p331 表4.29

出版年は古いが、シリコーンについてわかり易く解説した資料
『シリコーン』(久保輝一郎 1955)『シリコーン樹脂』(鹿目彰 1971)『プラスチック材料講座 9 けい素樹脂』(1981)『けい素樹脂』(田村喜八 1961)『シリコーン工業化学』(荒木綱男 1956)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録およびNDC分類〈578〉の書架にあたった。
また《NDL-OPAC(雑索)》を〈シリコーンゴム〉で検索したところ関連する論文が多数あり、〈収縮〉で絞り込むと1件あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
高分子化学工業  (578 9版)
天然物質の化学  (439 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ゴム』(大日本図書 1968)
『ゴム材料の選び方・使い方』(オーム社 1978)
『ゴム技術の基礎』(日本ゴム協会 1987)
『高分子材料大百科』(日刊工業新聞社 1999)
キーワード
(Keywords)
有機珪素化合物
シリコーンゴム
ゴム
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000029429解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!