このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029278
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2002-067
事例作成日
(Creation date)
2002/09/05登録日時
(Registration date)
2006年06月29日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年02月09日 11時23分
質問
(Question)
明治36年に華厳の滝で投身自殺した一高生、藤村操が書いた「巌頭の賦」という詩の全文を知りたい。
回答
(Answer)
藤村操が投身自殺したかたわらの立木に、樹皮を削って「巌頭の感」が書かれていた。以下の資料に全文が掲載されており、紹介する。
『明治過去帳』『日本文壇史 7』『現代日本記録全集 16』『青春の記録』(筑摩書房)。
回答プロセス
(Answering process)
〈詩〉ということで『日本近代文学大事典 3』にあたると、〈藤村操〉の項に「華厳の滝の巌頭の楢の木に遺書『巌頭の感』をのこして投身自殺した」とあり。《Google》で〈藤村操 & 巌頭〉を検索すると18件ヒットする。やはり、「巌頭の賦」ではなく「巌頭の感」となっている。全文を掲載したWebページもあるが、細部で文言が異なるため、活字資料を探す。
『新潮日本人名辞典』に一部掲載。『明治過去帳』に全文掲載あり、出典は「東京朝日新聞」。
『国史大辞典 12』〈藤村操〉の参考文献にあげられている『日本文壇史 7』にも全文が掲載されている。出典は「萬朝報」。
藤村操自殺当時(1903年5月22日)の他の新聞にも掲載されている可能性が高い。
このほかにも《NDL-OPAC》を〈巌頭の感〉で検索すると2件ヒットする。『現代日本記録全集 16』『青春の記録』にも収録されていることが判明する。
以上を回答する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
社会病理  (368 9版)
参考資料
(Reference materials)
『明治過去帳』(大植四郎 東京美術 1991)
『日本文壇史 7 硯友社の時代終る』(伊藤整 講談社 1964)
『現代日本記録全集 16 青春の記録』(筑摩書房 1968)
『青春の記録』(久山康 筑摩書房 1974)
キーワード
(Keywords)
藤村 操(フジムラ ミサオ)
漢詩
自死-自殺-投身自殺
全集
学生-一高-第一高等学校
華厳の滝-日光-栃木県
人物-明治時代-日本
「巌頭の感」
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000029278解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!