このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029264
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2002-070
事例作成日
(Creation date)
2002/09/18登録日時
(Registration date)
2006年06月29日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年02月25日 16時44分
質問
(Question)
80年ぐらい前に中国の土産でもらった拓本について、以下のことを知りたい。
①詩の全文。拓本は「夢醒黄梁方悟道 心同明月可尋梅」の2行となっている。
②石碑の所在地。
③本文の前後に書かれた短文の読み方と意味。一部くずし字となっている。
④落款印2顆の読み方と意味。一部不鮮明。
回答
(Answer)
①この2行が、全文と思われる。
②邯鄲市。
③A「丁夘小昜月」、B「了一子王琴堂」と読めるが、一部崩し字となっているため『くずし字解読辞典』等を提供し、質問者自身に確認してもらう。
④A「王琴堂印」B「員竟(?)泉」と読めるが、『説文解字篆書字典』等を提供する。
回答プロセス
(Answering process)
①文中「黄梁」の文字があり、質問の2顆の落款印の後に「邯鄲縣黄梁夢呂翁祠」という印が見られることから、中国の故事「黄梁夢(邯鄲の夢)」を手がかりに探索する。
「黄梁夢」の出典である唐代伝奇の「沈中記」は、『新釈漢文体系 44』『中国古典文学大系 24』に収録されているので、原文にあたるが質問の文章なし。
『漢文名言辞典』『中国詩人選集』『唐詩解釈辞典』『漢詩の事典』等の中国文学関係及び地誌関係資料等にも該当なし。
《Google》を〈黄梁方〉で検索すると中国語のサイトに質問の文章あり。2件とも質問と同じ2行なので、これが全文と思われる。

②同サイトより「黄梁夢呂仙祠」(邯鄲市)の「梅碑」背面の題詩、作者は其[シン][モウ]と判明。〈呂仙祠〉について、活字資料を探すと、『中国名勝旧跡事典 1』『中国ぶらぶら』に説明あり、ただし〈梅碑〉に関する記述は見られず。また、作者名を『中国歴史文化事典』『中国学芸事典』等で調べるが判明せず。

③一部崩し字となっているので確定できないが、A「丁夘小昜月」、B「了一子王琴堂」と読め、Aは年月を、Bは書家の名前を表わすようである。ただし、文献の解読・翻訳はレファレンスの範囲外となるので、『くずし字解読辞典』『くずし字用例辞典』『漢日字典』等を質問者自身に見てもらう。

④『説文解字篆書字典』『篆書字典』『篆楷字典』等より、A「王琴堂印」B「員竟(?)泉」と読める。Aは③Bと一致するため、『中国書画家落款辞典』『篆書印譜大字典』『支那書画人名辞書』等で調べるが掲載なし。この質問についても資料を質問者自身に見てもらう。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国  (222 9版)
読本.解釈.会話  (827 9版)
中国文学  (920 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中国名勝旧跡事典 1 華北1・東北篇』(中国国家文物事業管理局 ぺりかん社 1986)
『中国ぶらぶら』(山本巌 近代文芸社 1994)
『くずし字解読辞典』(児玉幸多 東京堂出版 1999)
『くずし字用例辞典』(児玉幸多 東京堂出版 1993)
『漢日字典 粤京日注音』(藤塚将一 東方書店 1993)
『説文解字篆書字典』(城南山人 木耳社 1998)
『篆書字典』(太甫煕永 国書刊行会 1978)
『篆楷字典』(丘襄二 国書刊行会 1978)
キーワード
(Keywords)
金石・金石文-中国-漢詩
漢文-漢文解釈
篆書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000029264解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決