このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000029051
提供館
(Library)
岡山市立中央図書館 (2210024)管理番号
(Control number)
M04070114212321
事例作成日
(Creation date)
2002/08/29登録日時
(Registration date)
2006年06月13日 15時51分更新日時
(Last update)
2011年06月16日 02時01分
質問
(Question)
くり返しの符号について使い方を知りたい。
回答
(Answer)
日本語百科大事典P356 大修館書店 「くり返し符号の使い方」同じ文字を重ねて書く場合に後の字の代りに用いる符号で「おどり字」「畳字」などとも呼ばれている。符合というより文字に近いが、特定の音や意味を持たないため文字に入れないので符号の中に入れる。「々」…同じ字点 漢字1字のくり返し。「ヽ」一つ点・仮名1字のくり返し。「〃」ノの字点・漢字や語句の代用。「々」以外の符号は一般の文章に使われないことが望ましいとされ、公用文でも「々」だけを用いることになっている。人々・国々・日々。ただし、民主主義・学生生活・相関関係などに「々」を用いない。 同一文字畳用の記号。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本語  (810 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本語百科大事典』大修館書店、1988,356p 『大漢和辞典』巻一、諸橋轍次著、大修館書店、1984,321p
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2004070114295512321
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000029051解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!