このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000028599
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2005-015
事例作成日
(Creation date)
2005/12/08登録日時
(Registration date)
2006年05月12日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年09月12日 15時17分
質問
(Question)
戦争(武力行使)の際に行われる〈占領〉は何をもって許され、何をもって禁止されるのか。関連する資料はないか。
回答
(Answer)
『有斐閣 法律用語辞典』p823〈占領〉の項に戦時占領は、「陸戦ノ法規慣例に関する条約」に規定、とあり。『ベーシック*条約集 第5版』p924に「陸戦の法規慣例に関スル条約(抄)」があり。〈329(国際法)〉〈329.62(戦時法規;占領;占領地行政)〉の資料を案内。『戦争の記録と捕虜問題』等を閲覧して終了。
回答プロセス
(Answering process)
「法律用語辞典」で用語の意味を確認。戦時占領が「陸戦の法規慣例に関する条約」に規定されるという記述から条約本文を『ベーシック*条約集』で確認した。さらに、関連資料を探すため、国際法、陸戦法規、占領に関する棚を案内。『戦争の記憶と捕虜問題』等の資料を閲覧して終了した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
国際法  (329 9版)
戦争.戦略.戦術  (391 9版)
参考資料
(Reference materials)
『有斐閣 法律用語辞典』(有斐閣 1993)
『ベーシック*条約集 第5版』(東信堂 2004)
『戦争の記録と捕虜問題』(東京大学出版会 2003)
キーワード
(Keywords)
占領-戦時法規
国際法
戦争
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000028599解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!