このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000028511
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20060427-3
事例作成日
(Creation date)
2006/04/28登録日時
(Registration date)
2006年04月28日 10時07分更新日時
(Last update)
2006年05月01日 09時44分
質問
(Question)
アメリカにおいてQuarterly Report(四半期報告書)の提出が企業に義務付けられたのはいつからか?
回答
(Answer)
米国では、1934年のSecurities Exchange Act 1934(証券取引所法)で四半期報告書の提出が義務付けられた。
 
Securities Exchange Act 1934 13(a)(2) 
http://www.sec.gov/divisions/corpfin/34act/sect13.htm  (2006/04/28確認)

この34年法に基づき、1970年に現行のForm 10-Qによる四半期報告書の提出が制度化された。
SEC Release No.34-9004 (Oct. 28, 1970) [35 FR 17537]
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金融.銀行.信託  (338 9版)
参考資料
(Reference materials)
『アメリカ証取法会計 : SEC 規制史とその実態』 盛田良久著 中央経済社 1987 p.45
キーワード
(Keywords)
Quarterly Report
四半期報告書
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000028511解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!