このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000028363
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2005003996
事例作成日
(Creation date)
2005/03/19登録日時
(Registration date)
2006年04月20日 02時10分更新日時
(Last update)
2007年03月04日 10時20分
質問
(Question)
パテン請負業とはどんな職業か。『社会運動の状況 14 昭和17年』(復刻版 内務省警保局編 三一書房 1972刊)p.1219の最終行に出てくる。五・一五事件で逮捕された山岸宏の父親の職業である。国語、外来語、職業等の辞典には出ていない。
回答
(Answer)
質問にある資料(資料1)から、山岸宏が新潟県高田市出身で、父親の名前が山岸宏隆(地方有力者)であることが分かる。
資料2の「高田市商工人名」の「パテン業」という項目に6名出ているが、山岸の名はない。高田市以外に「パテン業」はなく、項目の説明もないため職業の内容は不明。
資料3から以下のことが分かる。
*明治31年に飯島保太郎が木戸信次郎を主任として職人町に工場を設け、横浜から2人の女性を招きバテン加工業を開業した。
*バテン取引の中心は横浜で、横浜の取扱業者は外国商館から注文を受け、これを各地に注文加工させた。
*従業員に原料の糸や型紙を貸し付け、製品を集荷する業者は、横浜、高田間を盛んに往来した。
資料4によれば、このバテンとは「手工芸品のレースの一種であり、レースの種類から分類すればテープ・レースに属するレース」のことで、高田市(現在の上越市)では明治頃から、このバテンレースが特産品だったらしい。さらに、p.26には「長岡出身の軍人で後に高田でバテン業者もやった山岸宏隆(後に市議・県議になる)」という記述が出てくる。
以上のことから、この「バテン業」が質問の「パテン請負業」であると思われる。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
北陸地方  (214 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 社会運動の状況 14 昭和17年 / 内務省警保局∥編 / 三一書房 , 1972 /3630/ナ/14-1
【資料2】 都道府県別資産家地主総覧 新潟編 3 / 渋谷隆一∥編 / 日本図書センター , 1997.6 DR/3618/3146/37
【資料3】 高田市史 第1巻 / 高田市史編集委員会∥編 / 高田市 , 1958 /2194/149/1
【資料4】 バテンレ-スと細幅織物 / 上越市史専門委員会現代史部会∥編集 / 上越市 , 1997.3 ( 上越市史叢書 No.1 ) /586.8/5001/1997
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000028363解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!