このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000028160
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2005-073
事例作成日
(Creation date)
2005/09/19登録日時
(Registration date)
2006年03月31日 02時11分更新日時
(Last update)
2010年01月20日 11時55分
質問
(Question)
上州館林城の代々の城主に仕えた御典医の名前を知りたい。
回答
(Answer)
すべての城主の医師についてはわからなかったが、下記の城主については判明した。なお、〈御典医〉という呼称は江戸時代に使用されたが、館林城創築は室町時代。また、①は藩医と思われる。
①徳川綱吉に仕えた医師
吉田策庵、半井宇庵、高麗永竹、北村安斎、小島円斎、箕浦寿玄、平井由敬、鈴木善庵(外科)、 間島安清(眼科)、 山路一庵(針治)
*「館林宰相綱吉代分限帳(年次不詳)」(『群馬県史 資料編16』所収)による。  
②秋元志朝に仕えた医師
長沢理玄
*『群馬県百科事典』によれば、「1846(弘化3)年 藩主移封に従い館林に来住」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
〈館林城〉ということから、『群馬県史』『館林双書』等の群馬県関係資料にあたる。
代々の城主の一覧は、『城郭図とその変遷』(館林城調査報告書 1)等にあり。
長沢理玄は『群馬県の歴史』『館林郷土史事典』『群馬県人名大事典』『典医の歴史』等にも掲載されている著名な医師。
その他の参照資料は以下のとおり。
『日本城郭大系 4』『藩史大事典 2』『国史大辞典 9』『中世館林城と戦国武将』『中世の館林城』『上州の名城と伝説』『近世館林藩の大名』『新編物語藩史』『図説館林・邑楽の歴史』『群馬県史料集 2・別巻1』『史料綜覧 14』『上州こぼればな誌』『群馬郡史帖』ほか
急ぎの調査だったので群馬県立図書館等に照会はしていない。
事前調査事項
(Preliminary research)
「広辞苑 第4版」より〈御典医〉:江戸時代、幕府・大名お抱えの医者。〈藩医〉:江戸時代、藩に仕えた医者。
NDC
関東地方  (213 9版)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
参考資料
(Reference materials)
『群馬県史 資料編16』(群馬県 1988)
『群馬県百科事典』(上毛新聞社 1979)
『典医の歴史』(山田重正 思文閣出版 1980)
キーワード
(Keywords)
館林市-群馬県-江戸時代-歴史
医師-藩医-御典医
館林城
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000028160解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!