このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000028153
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2005-083
事例作成日
(Creation date)
2005/11/18登録日時
(Registration date)
2006年03月31日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年03月23日 15時00分
質問
(Question)
〈半だこ〉について、以下のことを知りたい。
①〈半だこ〉〈たこ〉の言葉の意味
②祭りの時、法被と半だこ、半纏と半だこ、どちらの組み合わせが多く使われるか。
③どんな生地でできているか。また、長さ(寸法)はどのくらいか。
回答
(Answer)
①〈たこ〉は股引の隠語ということは、以下の資料で確認できた。ただし、由来について記述のあった資料は『隠語辞典』(東京堂出版)のみだった。
『隠語辞典』〈たこ〉股引(←たこびら) 〈たこびら〉股引。脚絆。袴。(語源:たこ=足 びら=衣服)強盗・窃盗犯罪者用語 明治時代
『東京弁辞典』〈たこ〉「ももひき」をいう隠語。(出典)ももひきのことはたこといいます。職人言葉です。冬は長だこ、夏は半だこ、あいは七分だこで、すべて紺色です。「宵越しの銭  東京っ子ことば-秋谷勝三老人聞き書き」
『日本国語大辞典 第2版』『隠語大辞典』にも〈たこ〉の意味はあり。
②現在一般的には、法被と半纏は混同されているようで、両者の明確な違いを示す資料は見つからなかった。ただし、次の資料は、日本各地の祭りを取材していて、衣装についても記述があるので、現代の祭衣装の傾向を把握するのに役立つと思われる。
「祭と鳶」(ワールド・ムック)
③②で紹介した「祭と鳶」に「半股引:白の木綿が普通。股引の選び方は、太股の部分がピッタリと合うものを選ぶのがコツで…」とある。
インターネットの情報では、《喜久屋》に半だこのサイズと色(白・藍染・刺子藍染)が掲載されている。長さについては記述なし。
http://www.k-kikuya.net/maturi/hanndako.htm  2005/11/19最終確認)
以上を回答する。
回答プロセス
(Answering process)
①各種辞典類(国語・隠語・方言・俗語・民俗等)にあたる。また、『東京弁辞典』に引用されている文献「宵越しの銭」の中身を確認したが、辞典の記述以上の情報はなかった。
②法被と半纏についての資料やインターネットにあたる。法被と半纏の定義が時代によって違っていたりして混乱がある。回答にあたる記述が見あたらなかったため、いろいろな祭りの写真等の資料を探した。
③所蔵資料で見つからなかったため、《Google》を〈はんだこ〉で検索。祭衣装の販売店がいくつかヒットした。〈はんだこ〉は〈半股引〉と表記されていた。また、②との関連で、〈半纏=法被〉として扱っているところが多かった。
なお、民俗関係の資料を調査したが資料は見つからなかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:『日本の生活道具百科3』、『古事類苑』、『広辞苑』、『日本国語大辞典』、『日本民具辞典』、『綜合日本民俗語彙』、『日本民俗大辞典』
『日本方言大辞典』「はんだこ=はだこ(肌こ)」とあり。
『現代日本語方言辞典』「はだこ=はだぎ(肌着) ハンダッコ 青森・秋田の方言」とあるが同一か不明。
NDC
衣服.裁縫  (593 9版)
語彙  (814 9版)
参考資料
(Reference materials)
『隠語辞典』(東京堂出版 1980)
『東京弁辞典』(東京堂出版 2004)
『日本国語大辞典 第2版』(小学館)
『隠語大辞典』(皓星社 2000)
「祭と鳶 (ワールド・ムック)」(ワールドフォトプレス 2003:県立未所蔵)
キーワード
(Keywords)
服飾
祭礼
半だこ
語彙-日本語
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000028153解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!