このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000027686
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2005004464
事例作成日
(Creation date)
2005/11/28登録日時
(Registration date)
2006年03月10日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年03月04日 11時21分
質問
(Question)
「曳き屋」(ひきや)について調べたい。民家を引いて移動させる職人らしい。「曳き屋とび」ともいわれた。
回答
(Answer)
「曳き屋」について、以下の資料を紹介した。
資料1:「曳家、引家(ひきや)」での記述に、建造物を解体しないで、機械または人力によって水平移動させ、あらかじめ造られた基礎の上に移す工事、またはその過程。鳶職人の仕事で、これを専業とする者を曳家鳶または曳き方という。また、これを業とする企業もある。「曳舞」ともいう。
「曳家鳶」は、建物を移動させることが専門の鳶職人。
資料2:p.633に「曳き家・引き家」の記述がある。
資料3:p.189-208に「曳き屋稼業で七十年」の対談集がある。
資料4:p.41-44の「7鳶職・鳶工」のp.42に屋根と家の曳方の記述がある。
資料5:「4 作業(施行)」の「2 木工事 (4)ひき方」の項に、ひき家する家屋の準備、段取り等の記述がある。
資料6:p.46-50に「曳家工(ひきやこう)」の記述がある。
関係団体として、資料7の「関係団体及び機関」の項のp.569に「(有限責任中間法人)日本曳屋協会」が記載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
技術史.工学史  (502 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 建築大辞典 / 彰国社∥編 . 第2版 特装机上版 / 彰国社 , 1993.6 R/5203/6B/93
【資料2】 日本民家語彙解説辞典 / 日本建築学会民家語彙集録部会∥編纂 . 追補版 / 日外アソシエ-ツ , 1993.9 R/5210/199A/93
【資料3】 日本建築と工匠たち : 清水一対談集 / 清水一∥著 / 世界書院 , 1963 /5255/S654/N
【資料4】 職人の現在 近代・現代編 / 遠藤元男∥著 / 雄山閣出版 , 1992.3 ( ヴィジュアル史料日本職人史 4 ) /5021/3044/4
【資料5】 とび作業 / 新見芳男∥他著 / 技術書院 , 1974 ( 建築施工技術シリーズ ) /5255/21/74
【資料6】 現代建築職人事典 / 「現代建築職人事典」編集委員会∥編 / 工業調査会 , 2001.10 /525.0/5004/2001
【資料7】 建設名鑑 2005年版 / 日刊建設通信新聞社 , 20041201 R/510.9/5046/2005
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000027686解決/未解決
(Resolved / Unresolved)