このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000027346
提供館
(Library)
岐阜県図書館 (2110001)管理番号
(Control number)
岐県図-0685
事例作成日
(Creation date)
2006年01月18日登録日時
(Registration date)
2006年02月14日 11時39分更新日時
(Last update)
2006年02月14日 11時39分
質問
(Question)
縄文時代に海岸線が大垣まで来ていたときの、海岸線の変遷が分かるものはないか。
回答
(Answer)
・『大垣市遺跡詳細分布調査概要報告書2 平成2年度』に収録されている青木哲哉「大垣市域における最終氷期最盛期と縄文海進頂期の地形環境」に、当時の汀線(海岸線)の図あり。
・海津正倫『沖積低地の古環境学』に、濃尾平野全体の図あり。
・時代ごとの変遷が図示されている資料は見つからなかった。
回答プロセス
(Answering process)
岐阜新聞社編集局編『ぎふ海紀行』p.38-39に、関連記事があり(具体的な海岸線の図示はない)、そこで紹介されていた記事や研究者名から調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中部地方  (215 9版)
参考資料
(Reference materials)
岐阜新聞社編集局編『ぎふ海紀行』(岐阜新聞社,1998)
『大垣市遺跡詳細分布調査概要報告書2 平成2年度』(大垣市教育委員会,1993)
海津正倫『沖積低地の古環境学』(古今書院,1994)
キーワード
(Keywords)
沖積世
縄文海進
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000027346解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!