このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000027247
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20060127
事例作成日
(Creation date)
2006年01月27日登録日時
(Registration date)
2006年02月01日 17時04分更新日時
(Last update)
2007年11月15日 13時38分
質問
(Question)
なぜ図書館用語の「ハイカ」を「排架」と書くのか。
回答
(Answer)
文部省学術用語集『図書館情報学編』では、「排架」と記載されているので学術論文などに書く場合は「排架」がふさわしいと考えられます。
図書館界2001年3月号に岩猿敏生/執筆「目録の「排列」と「配列」」という文があり、この文章がもっとも「排」の字を用いることについて、詳しく説明しています。
まとめると以下のようになります。
・1912年12月『図書館雑誌』16号付載の「図書館用語」(洋書ノ部)に「排列、整頓」「固定排架法」の語がある。
(岩猿氏が見た図書館用語集のうち最古のもの)
・1944年青年図書館員連盟の機関誌『図書館研究』総索引件名一覧表に「排列法」及び仮名遣ト仮名排列法」がある。
・1997年3月文部省学術用語集の中の『図書館情報学編』では、「排架」「排架法」も含めて、すべて「排」を用いることになった。
・「排」の字には、「ならべる」の意味があり、「配」には「くばる」の意味はあるが、ならべるという意味はない。
・戦後、内閣告示や内閣訓示による漢字の使用制限が行われ、「排」の字は、制限漢字となったため、「配」を止むを得ず用いた時期があった。
 しかし、現在は「排」の字は制限漢字となっていない。
・「学術の発展のためには、同じ概念は常に同一の用語で表現することが望ましい。学術用語の統一のために、各学問分野で学術用語集が編さんされてきたのであるから、同一の概念であれば、学術用語集で採られている用語を用いるべきである。」
[2006年9月30日追記]
『言葉に関する問答集 3』1977 文化庁 「ことば」シリーズ7 p.9~10に『〔問7〕「配列」か「排列」か』という問答が載っており、これに以下の文章がありました。
「「排列」は順序よく並べることであり、「配列」はただ並べることである。」「それは、「排」という字が、「一定の順序で連ねる」意味を持つからであり、「配」という字が、「割り当てる」意味を持つからである。」「したがって、「排列」のほうは、名簿の氏名を五十音順に並べる場合などに適している。その点では、学術用語集の図書館学編に「ABC順排列」「件名カード排列」などの用い方が掲げられているのも当然である。」
その上で、「配列」のほうが一般化したことについては、「「排」という字が「排斥」「排除」などを主として「しりぞける」意味に用いられ、「ならべる」意味で「排」を用いる例が、一般語としては他に見当たらないということである。」という記述もあります。
企画協力員 小田先生よりご教示いただきました。
[2007年11月15日追記]
『和書目録法入門』柴田正美/編著 1995.3 日本図書館協会(図書館員選書・8) p.224-225
4.3.0.2 なぜ「配列」でなく「排列」なのか
にも、「配」「排」の文字の区別について触れられています。メールによりご教示いただきました。 
回答プロセス
(Answering process)
1 図書館ハンドブック第6版 日本図書館協会図書館ハンドブック編集委員会/編 2005.5日本図書館協会発行 では「排架」。
2 図書館情報学用語辞典 第2版 日本図書館情報学会用語辞典編集委員会/編 2004.8 丸善 では、「排架」。
3 図書館用語集 三訂版 日本図書館協会用語委員会/編集 2003.11 日本図書館協会では「排架」。
4 最新図書館用語大辞典 図書館用語辞典編集委員会/編 2004.4 柏書房では、見出し語=「配(排)架」、文中=「配架」と表記。
5 日本国語大辞典、広辞苑に「ハイカ」という項目はない。
6 『図書館雑誌』2005年3月号の特集名は、「図書館の排架とサイン」
7 白川静著『字統』、諸橋轍次著『大漢和辞典』:「排」の字には、ならぶの意があり「配」の字にはない。
8 Google「排架 配架」で検索。
・どちらでもよいが、新しくは「排」古くは「配」とする説(愛知淑徳大学図書館のページ)
・どちらでもよいが、正しくは「排」とする説(中央大学のページ)
9 以前読んだことがある雑誌記事に、「排」「配」の字について詳述されたものがあったことを思い出し、自分が読んだことのある図書館関係の雑誌を直接見ていく。
→図書館界2001年3月号に岩猿敏生/執筆「目録の「排列」と「配列」」を発見。
「目録の「排列」と「配列」」によると、
・1912年12月『図書館雑誌』16号付載の「図書館用語」(洋書ノ部)に「排列、整頓」「固定排架法」の語がある。(岩猿氏が見た図書館用語集のうち最古のもの)
・1944年青年図書館員連盟の機関誌『図書館研究』総索引件名一覧表に「排列法」及び仮名遣ト仮名排列法」がある。
・1997年3月文部省学術用語集の中の『図書館情報学編』では、「排架」「排架法」も含めて、すべて「排」を用いることになった。
・戦後、内閣告示や内閣訓示による漢字の使用制限が行われ、「排」の字は、制限漢字となったため、「配」を止むを得ず用いた時期があった。しかし、現在は「排」の字は制限漢字となっていない。
・「学術の発展のためには、同じ概念は常に同一の用語で表現することが望ましい。学術用語の統一のために、各学問分野で学術用語集が編さんされてきたのであるから、同一の概念であれば、学術用語集で採られている用語を用いるべきである。」
10 文部省学術用語集 図書館情報学編 1997.3 丸善 では「排架」と表記。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館.図書館情報学  (01)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
排架
配架
排列
配列
用字
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000027247解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決