このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000026860
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20050906
事例作成日
(Creation date)
2005年9月6日登録日時
(Registration date)
2005年12月17日 11時00分更新日時
(Last update)
2011年06月24日 13時22分
質問
(Question)
信号機はなぜ、「赤・黄・青」の3色なのか。
回答
(Answer)
『雑学全書』の記述をまとめると、以下のようになる。

・色には、波長があり、この長さが長いほど人間はその色に気づきやすい。
・信号の、赤・黄・青の色は、いずれも波長が長く、遠くからでも見えやすい。
・特に赤は、色の波長が長く、また、視神経を強く刺激する色であるため注意を喚起する「止まれ」の信号に用いられた。

インターネット情報では、
南日本新聞「何でも質問隊」鹿児島県警察本部交通規制課理事官 橋元三千年さんの回答 http://373news.com/nie/q&a/040424.htm (2005年12月17日確認)が最も詳しく、上記のことに加えて、

・昔は白もあったが、霧の中でも遠くに見える赤が選ばれた。
・色の性質をいうと、赤と黄色は目立つ色で、青や緑は落ち着く色。赤と反対の性質をもつ色は、青緑で、黄色は赤と青緑の中間にある色。
・信号については、「道路交通法施行令」という法律で定められている。
ということが記載されていた。

回答プロセス
(Answering process)
1 自館OPACで、「信号」で検索する。
 ・『交通信号機のルーツを探れ』
 ・『いやでも物理が面白くなる なぜ信号はどの国でも赤なのか』
 上記2冊には、簡単な記述しかなかった。
2 インターネットで調べると、南日本新聞のページに詳しい記載があった。
   http://373news.com/nie/q&a/040424.htm (2005年12月17日確認)
3 ゆにかねっとで検索し、
  『交通信号50年史』を、所蔵館の岡山県立図書館に、
  『信号機なんでも読本』を、所蔵館の宮城県立図書館に内容確認してもらう。
  どちらも、あまり詳しくないとのことだった。
【以下は、レファレンス協同データベースに記載するため再調査した結果です。】
4 レファレンス協同データベースを検索。(キーワード「信号」)
  埼玉県立久喜図書館「埼久-1994-092」
  質問:信号の色はなぜどうやって決められたのか が、載っていた。(参加館公開)
  平凡社の百科事典や、交通関係の図書ではわからなかったため、交通博物館を紹介した。とあった。
  念のため、当館所蔵の百科事典(小学館、平凡社)も見たが、久喜図書館の回答のとおり、歴史については詳細だが、なぜこの3色なのかがわかる記載ではなかった。
5 雑学の資料を書架で直接みる。
  『雑学全書』に、色の波長にふれての記載があった。
【追記:香川県立図書館からの情報提供】
6 『子供にウケル謎解き雑学』坪内忠太/編著 新講社 2004 4-86081-034-1 p178に簡単な記述あり
7 『社会のなぞ』山下真一/著 草土文化 2006 4-7945-0933-2 p24・25に記述あり(子ども資料)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
交通史.事情  (682)
参考資料
(Reference materials)
雑学全書 2000 光文社 (031/エンサ 1013615065)
世界大百科事典 平凡社
キーワード
(Keywords)
交通信号
信号
信号機
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
岡山県立図書館
宮城県立図書館
埼玉県立久喜図書館
香川県立図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000026860解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!