このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000026850
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20050801
事例作成日
(Creation date)
2005年08月01日登録日時
(Registration date)
2005年12月16日 15時12分更新日時
(Last update)
2007年05月01日 16時51分
質問
(Question)
月名(英語)の由来となった、ローマの偉人(多分シーザーだと思う)が、意地の張り合いをしたために、1ヶ月の長さが変わった。という話を高校時代に英語の副読本で読んだ記憶がある。そういうことについて、子どもがわかるように書かれた資料を教えてほしい。
回答
(Answer)
『こよみのはなし』p.18~によると、ローマ皇帝アウグストゥス(8月 August の由来)が、ローマの英雄ユリウス・カエサル(英語読み:ジュリアス・シーザー=7月 July の由来)に対抗して、7月と8月を同じ31日にして、2月を1日減らした。との記述がある。
『発明発達の研究事典』p.126「こよみの発明」にも同様の記述がある。
回答プロセス
(Answering process)
1 月名、由来、英語、暦 などをキーワードに、自館OPACや、インターネットで検索。
2 NDC449の書架を直接見る。
1,2により、英語月名の由来についての資料やサイトは確認できたが、シーザーとアウグストゥスの関わりが書かれているものには出会わない。
3 福井市立図書館に照会。
  『英語遊学』の内容に、「月名の由来」があると1,2の検索から判明。福井市立図書館が所蔵している資料だったので照会した。
 福井市立図書館から、『発明発達の研究事典』を紹介される。
4 自館の書庫で、こども資料のNDC44の書架を見る。
 『こよみのはなし』に掲載されていることが判明。

以下、確認したが、該当記事がなかったもの。
・『暦の百科事典』 1999 本の友社(449/コ 1013363609)
・『暦の雑学事典』 1999 日本実業出版社(449.3/ヨシオ 1013394083)
・『刺激的で、とびっきり面白い時間の話:人、暦、時間-神々と「数」の散歩道』 2001 はまの出版 (112/ウオ 1013679970)若干の記載はあった。
・『物語 ジュリアス・シーザー』 2001 汐文社(933/シエ 1020607774)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449)
参考資料
(Reference materials)
こよみのはなし 小松恒夫/著 1985  さ・え・ら書房 (44/コ 1020127930)
発明発達の研究事典 山田真一/編著 1964 小峰書店 (50/Y3/1 1020134886)
キーワード
(Keywords)
カレンダー
月名
August
8月
7月
July
ジュリアス・シーザー
ユリウス・カエサル
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
福井市立図書館
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000026850解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決