このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000026848
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-19960221
事例作成日
(Creation date)
1996年2月21日登録日時
(Registration date)
2005年12月16日 10時43分更新日時
(Last update)
2007年05月01日 16時51分
質問
(Question)
三島由紀夫の「春の雪」は、二・二六事件をモデル(題材)にしているか。
二・二六事件を題材にした3作品で、事件同様雪のシーンが登場する作品はあるか。
回答
(Answer)
「春の雪」は、二・二六事件をモデルにした作品ではありません。
三島由紀夫は「「春の雪」について」という随筆に、

宮様の許婚になった恋人を犯して妊娠させ、そのため恋人は剃髪遁世し、自分は病没する青年の話だ

と書いています。また、実際本文を読んでみた限り二・二六事件との関わりは読み取れませんでした。

二・二六事件を題材にした作品は、短編小説「英霊の声」「憂国」、戯曲「十日の菊」の3作品です。
三島由紀夫は、「二・二六事件と私」という随筆でこの3作品について、

『二・二六事件三部作』といふやうな形で、一本にすることができたのは、私の深い喜びである。

と述べています。

また、雪のシーンが登場する作品は、
「憂国」です。
回答プロセス
(Answering process)
三島由紀夫全集の該当すると考えられる巻を見ていった。

【2005年12月16日補記】
2005年11月20日中日新聞26面の
三島由紀夫著『英霊の声』(河出文庫)への書評で、
「三島自身が<二・二六事件3部作>と位置づけた、
短編「英霊の声」「憂国」、戯曲「十日の菊」の3編」
と記載されていた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913)
参考資料
(Reference materials)
二・二六事件と私(『三島由紀夫全集 第32巻』 1975 新潮社 p.356~) (918.6/M8/2-32 1011323845)
「春の雪」について(『三島由紀夫全集 第34巻』 1976 新潮社 p.114~115) (918.6/M8/2/34 1011323860)
キーワード
(Keywords)
三島由紀夫
春の雪
英霊の声
憂国
十日の菊
二・二六事件
2・26事件
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
書誌的事項調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000026848解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!