このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000026829
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2005-050
事例作成日
(Creation date)
2005/07/14登録日時
(Registration date)
2005年12月16日 02時11分更新日時
(Last update)
2006年09月21日 11時32分
質問
(Question)
『鬼平・長谷川平蔵の生涯』で、将軍から長谷川平蔵に下賜された〈瓊玉膏〉とはどんな薬か知りたい。
回答
(Answer)
『漢方医学大辞典 2 薬方篇』、『国訳本草綱目 5』、「瓊玉膏の不思議」(大槻彰 健友館 1992:川越市図ほか)に瓊玉膏を構成する生薬や効能についての記述あり。
『国訳本草綱目 5』によれば、効能は「常に服すれば、心を開き、智を益し、髪の白きを黒に返し、歯の落ちたるを更生し、穀食を辟け、天年を延べ、癰疽、労[サイ]、咳嗽、唾血等の病を治す」。構成生薬は、地黄・人参・白茯苓・白沙蜜で、製造法も書かれている。
回答プロセス
(Answering process)
自館所蔵の『東洋医学大事典』、『漢方医語辞典』等にあたるが掲載なし。『大漢和辞典 7』の〈瓊〉の意味に「方士が薬を作る材料」、〈瓊玉〉に「一種の美玉。又、賢才の意」とあり。
《Google》で〈瓊玉膏〉を検索すると、多数ヒットする。現在、瓊玉膏を製造している薬品会社のWebサイトに、瓊玉膏の原典として「本草綱目」等があげられていたので、医学関係の担当館である埼久図で見てもらう。
なお、所蔵はしていないが、他に掲載されていると思われる資料は、以下のとおり。
「洪氏集験方」(「東方医学善本叢刊 3」所収:国会図)
「壽世保元」(「和刻漢籍医書集成 12〔1〕」所収:国会図ほか)
「東医宝鑑」(許浚 サンケイグラフ社 1978:国会図ほか)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
参考資料
(Reference materials)
『漢方医学大辞典 2 薬方篇』 雄渾社 1983
『国訳本草綱目 5』 春陽堂書店 1977
「瓊玉膏の不思議」 健友館 1992 (川越市立図書館)
キーワード
(Keywords)
漢方薬
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000026829解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!