このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000024880
提供館
(Library)
東京都江戸東京博物館 図書室 (4110007)管理番号
(Control number)
edo2005-11
事例作成日
(Creation date)
2005年11月01日登録日時
(Registration date)
2005年11月24日 11時29分更新日時
(Last update)
2018年01月19日 14時01分
質問
(Question)
大名の江戸城登城はどんな様子だったか 。
回答
(Answer)
 江戸城の城門は、三十六見附(実際には三十六以上在った)などと言ってたくさん在ったことが知られていますが、『図説江戸2 大名と旗本の暮らし』(平井聖監修・学習研究社・2105/1089/2)によれば、”大名が登城するのは大手門、内桜田門(現在の桔梗門)の二か所と決められていた”とあります。
 『図解・江戸城をよむ』(深井雅海著・原書房・2105/887/97)によれば、大名の多くは”大手門の門前の橋の手前、下馬所において駕籠や馬から下りた”といい、さらに奥の下乗所~玄関と続き、”日光門主・御三家などのほかはこの場所(下乗所)で駕籠から下りる定めであった”とあります(あとは徒歩)。
 供の者ですが、一〇万石以上の大名でも、下馬所より下乗所まで「侍六人、草履取一人、挟箱持二人、駕籠かき四人」、下乗所より玄関まで「侍三人、草履取一人、挟箱持一人」しか連れることができなかったそうです(元禄十二年閏九月)。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図説江戸2 大名と旗本の暮らし』(平井聖監修 学習研究社 2000年 2105/1089/2)
『図解・江戸城をよむ』(深井雅海著 原書房 1997年 2105/887/97)
『図説 江戸城 その歴史としくみ』(平井聖監修 学習研究社 2008年 2105/1426/0008) (p.8 大名登城のルール)
『江戸城展』東京都江戸東京博物館編 [齋藤慎一,畑尚子執筆] 東京都江戸東京博物館,読売新聞東京本社 2007年 M3624/TO-3/292-S00 p.80-81) (「江戸城年始登城風景図屏風」)
キーワード
(Keywords)
江戸城
大名
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
宮内庁HP http://www.kunaicho.go.jp/ 東御苑に江戸城の史跡 (2014/6/13確認)

江戸東京博物館所蔵「江戸城年始登城風景図屏風」(TOKYO DIGITAL MUSEUM)  http://digitalmuseum.rekibun.or.jp/app/collection/detail?id=0190203530&w=%93%6F%8F%E9  (2014/11/26確認)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000024880解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!