このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000024289
提供館
(Library)
慶應義塾大学三田メディアセンター (3320003)管理番号
(Control number)
慶大三田-慶應福澤-001
事例作成日
(Creation date)
2004年2月19日登録日時
(Registration date)
2005年10月14日 11時30分更新日時
(Last update)
2005年12月14日 08時59分
質問
(Question)
「商人は日々軽々の損を無視してはいけない」云々などの、福澤諭吉の「商人道五訓」について教えてください。
回答
(Answer)
「商人道五訓」について、参考資料1~3のような資料をもとに調べました。
しかし、「五訓」というようなものは見つかりませんでした。
また、福澤研究センターの顧問にも問い合わせましたが、
存在しないのではないか、との回答でした。

ご参考になるかわかりませんが、
参考資料3の「商売というものは」の章の96ページ目には、
お探しの「日々軽々の損を無視してはいけない云々」らしき内容が「丸屋商社之記」からの引用として掲載されています。

「商人は一旦の利に誇ることなく、一旦の損に驚くこと勿れ。
 唯だ恐れ慎むべきは、日々月々、軽々の損なり。
 唯だ希(こいねが)い望むべきは、連綿不断、軽々の利なり。」

「丸屋商社之記」は、丸善株式会社のホームページで
原文と現代語訳の抜粋がご覧いただけるようになっています。
http://www.maruzen.co.jp/home/history_maruyashosha.html
ただし、五訓というようなものではありません。
また、「丸屋商社之記」は、丸善では、福澤先生の書いたものではないと言っているそうです。

お役に立てず残念ですが、これで回答としたいと思います。
さらに調査を希望される場合は
「商人道五訓」という言葉をどこで知ったか、などの情報もあわせてお寄せください。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人生訓.教訓  (159 9版)
参考資料
(Reference materials)
1) 福澤諭吉著・慶應義塾編纂. 1964年. 『福澤諭吉全集』 第21巻. 東京: 岩波書店.
2) 土橋俊一. 1985年. 『福沢諭吉の複眼思考:先を読み、人を観る知恵』. 東京: プレジデント社.
3) 藤原銀次郎. 1964年. 『福澤先生の言葉』. 東京: 実業之日本社.
4) 丸善. 丸屋商社之記. http://www.maruzen.co.jp/home/history_maruyashosha.html (2005/10/14確認)
キーワード
(Keywords)
福澤諭吉
商人道五訓
丸屋商社(丸善)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
団体
登録番号
(Registration number)
1000024289解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ