このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000024107
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2005003832
事例作成日
(Creation date)
2004/12/25登録日時
(Registration date)
2005年10月07日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年02月27日 16時01分
質問
(Question)
明治20年位から現在までの日本から中南米に移住した日本人の数を調べたい。
回答
(Answer)
関連する統計資料は資料1~4まであるが、明治20年から現在まで、時系列で一覧できる資料はない。
資料1と資料2を組み合わせて見ることにより、平成12年までの国別の数値が得られる。(ただし、昭和17年から19年を除く)

資料1:年刊 「昭和27年度~平成5年度」版で終刊。
p.126-127:「戦前(明治元年~昭和16年)の国別移住者数」
p.116-117:「戦後の国別・年次別移住者総数(その1)」
昭和20-25、昭和26年の数値がある。
p.14-17:「国別ノ年度別移住者人数表」(昭和27年度~平成5年度)
資料2:年刊『出入国管理統計年報』昭和39年~平成12年
「出国日本人の渡航目的」あり。
昭和39~45年:目的欄に「移民」がある。
昭和46~平成12年:目的欄に「永住」がある。
*出国日本人の渡航目的調査は昭和39年から開始、平成13年7月に出国記録の廃止により統計があるのは平成12年まで。
資料3および資料4では昭和12年までの国別の数値がわかる。
資料3:『日本帝国統計年鑑』第30回(明治44年)~第56回(昭和12年)
第30回~46回:「外国旅券下付人員」に「移民」の項あり。または「渡航地目的別外国旅券下附人員」または「渡航地目的別移民渡航者」(大正15年~昭和12年)第47回~56回:統計目次に「移民」あり。
資料4:表2-22「戦前の渡航地別移民渡航者」(大正15~昭和12年)

統計資料以外で、分類334.4(移民)の書架から、資料5を探す。
資料5:表1.3「アメリカ大陸、東南アジア、アジア大陸への日本移民」(1868~1989年)、これは年別ではなく、「戦前、戦中、戦後」の3つのくくりでの国別の数値が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
人口.土地.資源  (334 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 海外移住統計 昭和27年度~平成5年度 / 国際協力事業団 , 19941000 R/3344/157/93
【資料2】 出入国管理統計年報 40,平成12年 / 法務省大臣官房司法法制部 , 20010615 D/329.9/5016/2000
【資料3】 日本帝国統計年鑑 . 複製版 30回 明治44年刊行 / 東京リプリント出版社 , 19650000 R/351.0/5008/30
【資料4】 完結昭和国勢総覧 第1巻 / 東洋経済新報社∥編 / 東洋経済新報社 , 1991.2 DR/3510/3004/1
【資料5】 アメリカ大陸日系人百科事典 : 写真と絵で見る日系人の歴史 / アケミ・キクムラ=ヤノ∥編 / 明石書店 , 2002.10 /334.4/5078/2002
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000024107解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!