このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000023794
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2005-032
事例作成日
(Creation date)
2005/05/24登録日時
(Registration date)
2005年09月10日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年06月09日 16時17分
質問
(Question)
アメリカの黒人奴隷が宗教行事や音楽で使う太鼓を、回収・廃棄された事実はあるか。
回答
(Answer)
太鼓の回収・廃棄の事実を記述した資料は見あたらなかった。太鼓を叩くことが禁止されていたとの記述は、複数の資料に見つかった。例えば、『ジャズ』(悠雅彦)と『独断と偏見のジャズ史』に、1775年にジョージア州が奴隷の太鼓・ラッパなど音量の大きな楽器類の演奏禁止を布告した、という記述あり。これらの資料を提供する。
回答プロセス
(Answering process)
ジャズ、アフリカ音楽、アメリカ黒人音楽など音楽関係の資料にあたり、回答した。
他に「黒人差別」「アメリカ黒人の歴史」などの観点から調査する方法もあることを伝えた。
事前調査事項
(Preliminary research)
情報源:ラジオ番組で聞いた。アフリカの土着音楽がジャズに変化していく中で、奴隷の反抗を恐れて禁止した側面と宗教弾圧の側面があるらしい。
NDC
器楽合奏  (764 9版)
アメリカ合衆国  (253 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ジャズ』(悠雅彦 音楽之友社 1998)
『独断と遍見のジャズ史』(オーティツ・M.ウォールトン スイング・ジャーナル社 1975)
『深い河のかなたへ 黒人霊歌とその背景』(小川洋司 音楽之友社 2001)
『アフロ・キューバ音楽に於ける打楽器の起源と発達 太鼓物語』(フェルナンド・オルティス 音楽之友社 1979)
『ポピュラー音楽200年  フォスターからボブ・ディランまで』(青木啓 誠文堂新光社 1976)
『ブルース -アフリカ』(ポール・オリヴァー 晶文社 1981)
『ジャズ入門』(エドワード・リー 音楽之友社 1986)
『ジャズの歴史』(フランク・ティロー 音楽之友社 1993)
キーワード
(Keywords)
ジャズ-音楽
アフリカン・アメリカン
奴隷
アメリカ合衆国-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000023794解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!