このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000023680
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20041220-1
事例作成日
(Creation date)
2005/08/26登録日時
(Registration date)
2005年08月26日 11時23分更新日時
(Last update)
2010年06月22日 10時23分
質問
(Question)
説草に関する文献を探している。
回答
(Answer)
下記の文献が確認できた。 

永井義憲 「説草と仏教説話集の成立」 『佛教文学』(仏教文学研究会) 3 1979.3 (藤本徳明編 『中世説話』 1 所収)
阿部泰郎 「説草考―説経と<説話>」 『国文学解釈と鑑賞』 58(12) 1993.12
黒田彰 「三国伝記と恵心僧都物語―説草から説話集へ」 『愛知県立大学説林』 巻号 (37) ページ 18-35 出版年 1989/02
黒田彰 「「桃華因縁」続貂―注釈から説草へ」 『国文学』(関西大学国文学会) 巻号 (65) ページ 15-28 出版年 1989/01
永井義憲 「語りものとしての説草―「餓鹿因縁」を中心として」 『国文学解釈と鑑賞』 巻号 51(4) ページ 36-42 出版年 1986/04
岡見正雄 「小さな説話本―寺庵の文学・桃華因縁―」 『国語と国文学』 54(5) 1977.5
回答プロセス
(Answering process)
Webcatで検索し、下記がヒットした。 

中世説話 藤本徳明編 1  国書刊行会, 1992
説草と仏教説話集の成立 / 永井義憲[著]  

仏教説話、仏教文学に関する文献を探していると、『仏教文学概説』に下記の記述があった。 
 
p.308 
「説話集の形にまで至っていない、説話を単体として記録したものがある。「説草」或いは、「小さな説話本」と称されるもので、形態から見て、僧が懐中して説教の場に持ち込んだものと考えられる。」

CiNii、国文学論文目録データベースなどでも検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 9版)
参考資料
(Reference materials)
NACSIS Webcat
http://webcat.nii.ac.jp/  (2010/06/21確認)
藤本徳明編 『中世説話』 1 国書刊行会 1992 (日本文学研究大成) ISBN:4336030839
黒田彰, 黒田彰子著 『仏教文学概説』 和泉書院 2004 ISBN:4757602537
CiNii 
http://ci.nii.ac.jp/  (2009/07/18確認)
国文学論文目録データベース(国文学研究資料館) 
http://base1.nijl.ac.jp/~ronbun/  (2009/07/18確認)
キーワード
(Keywords)
説草
説話
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000023680解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決