このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000023412
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2005-023
事例作成日
(Creation date)
2005/03/31登録日時
(Registration date)
2005年08月05日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年06月30日 08時18分
質問
(Question)
国際音声記号とその表記の発音が確認できるようなCD・カセットテープ等がついた資料を探している。
回答
(Answer)
当館所蔵の『音声学』『日英語話し言葉の音声学』と、国際音声学会(IPA)のWebサイトを紹介した。このサイトからテキストと音声ファイルをダウンロード可。また、CD・カセットテープも販売している。
回答プロセス
(Answering process)
『国際音声記号ガイドブック』『世界音声記号辞典』には音声資料なし。
《Google》を〈CD & 音声記号〉〈CD & 国際音声記号〉〈CD & 音声学〉で検索する。当館所蔵資料2点がヒットする。
『音声学』は1950年現在の国際音声記号を使用。付録カセットテープ2巻あり。
『日英語話し言葉の音声学』p12-13「発音表記について」に、国際音声記号のごく一部を用いた日英語の音素表あり。付録CD-ROMあり。
『国際音声記号ガイドブック』(大修館書店 2003)p57に記述がある「付属の録音」に該当する国際音声学会(IPA)のWebサイトでは、テキストと音声ファイルをダウンロード可。このサイトでCD・カセットテープも販売している。
http://web.uvic.ca/ling/resources/ipa/handbook.htm  2005/05/19最終確認)

追記:上記Webサイトは現在も閲覧可(2009/06/12確認)。また。関連するWebサイトの国際音声学会(IPA)のトップページは以下のとおり。
http://www.coelang.tufs.ac.jp/ipa/  2009/06/12最終確認)。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「世界音声記号辞典」「日本大百科全書」「国際音声記号ガイドブック」
NDC
言語学  (801 9版)
参考資料
(Reference materials)
『音声学』(服部四郎 岩波書店 1984)
『日英語話し言葉の音声学』(榎本正嗣 玉川大学出版部 2000)
キーワード
(Keywords)
音声記号
国際音声記号
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000023412解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!