このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000023298
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
5450
事例作成日
(Creation date)
2005/7/20登録日時
(Registration date)
2005年07月24日 12時15分更新日時
(Last update)
2015年10月07日 13時48分
質問
(Question)
町内会で防災について計画を立てたい。ついては参考になる資料を紹介してほしい(特に地震関係)
回答
(Answer)
次の所蔵あり。

・防災コミュニティの基層 東北6都市の町内会分析 吉原直樹/編著 御茶の水書房 2011.3
   内容: 防災コミュニティの社会設計のために / 吉原直樹著
         町内会と防災活動 防災コミュニティの歴史的前提 / 長谷部弘著
  町内会の構成と機能 / 吉原直樹著
  町内会の防災活動の現状 / 石沢真貴著
  町内会と防災ネットワーク 町内会と自主防災組織 / 庄司知恵子著
  町内会と消防団 / 後藤一蔵著
  安全安心コミュニティと防災 / 菱山宏輔著
  防災コミュニティの主体と活動実践 地域リーダーの防災観 / 松本行真著
  ボランティアと防災実践活動 / 松井克浩著
  災害「弱者」と防災コミュニティ / 伊藤嘉高著
  防災コミュニティの人的資源と活動資源 / 松本行真著

  日販マーク内容紹介: 東北6都市の町内会調査の分析結果をベースに、執筆者それぞれの視角から町内会を分析。それらを節合しながら地域コミュニティの基層に分け入り、防災ガバナンスの可能性を問う。

・大震災とコミュニティ 復興は“人の絆”から 山崎丈夫/編著 自治体研究社 2011.7 
  内容: どのような支え合いが行われたのか / 山崎丈夫著
       これまでの震災から学ぶもの 阪神・淡路大震災に学ぶコミュニティの復興 / 塩崎賢明著
       中山間地ではなぜ共同社会が大事にされなければならないか? / 青木勝著
       住宅も民宿も鉄工所も再生してこそ / 制野征男著
       被災地で力を発揮するコミュニティ組織 みんなの積極性を引き出すのがコミュニティの力 / 庄司慈明述
       地域の力は災害を通じてさらに強くなった / 齊藤文良述
       救援物資には順序と季節がある / 神田義信述
       復旧・復興は「我ら相寄り村を成し」の精神で / 保坂眞一述
       コミュニティを基盤にした住民本位の復興を / 山崎丈夫著

  日販マーク内容紹介: 災害から立ち直る時、なぜ人の絆が力を発揮するのか…。東日本大震災で大きな被害を受けた陸前高田市や大船渡市での聞き取り調査による知見や、近年の大きな地震の教訓とともに、被災地全般の動向を基に考える。 


また、書名に「自主防災」を含む図書として、次の所蔵あり。

     ・大規模地震時の避難生活マニュアル 自主防災組織のための 地震防災対策研究会/編 ぎょうせい 1999.6

     ・防災福祉コミュニティ 地域福祉と自主防災の統合 Minerva福祉ライブラリー 倉田和四生/著 ミネルヴァ書房 1999.9
回答プロセス
(Answering process)
*

件名:災害予防で検索。
分類:369.3 災害.災害救助
518.87 防災計画
519.9  防災科学.防災工学
453 地震学
の棚を紹介


以下の検索条件で当館WebOPACを検索すると
・検索条件: ( 【 件名= '地震災害*' 】 AND 【 件名= '災害予防*' 】 )
次のような所蔵資料がある。

・地震防災対策ハンドブック 地域における震災対策の実務 地震防災対策研究会/編集 ぎょうせい 1997.7
・“地域防災力”強化宣言 進化する自治体の震災対策 鍵屋一/著 ぎょうせい 2003.10

・あなたの命を守る大地震東京危険度マップ 中林一樹/監修 朝日出版社 2005.6
・親子のための地震安全マニュアル 家庭で備える地震対策最新情報! 〔インパクト〕/〔企画・編集〕 日本出版社 2005.11
・考え直そう、地震防災 岩波ブックレット 茂木清夫/〔著〕 岩波書店 1999.8
・巨大地震と大東京圏 都市研究叢書 望月利男/編 日本評論社 1990.9
・震災エコライフ知恵袋 ポピュラー・サイエンス 宮田光男/著 裳華房 1996.9
・震災から財産を守る本 誰も教えてくれなかった 国崎信江/著 九天社 2006.2
・地震から子どもを守る50の方法 国崎信江/著 ブロンズ新社 2005.9
・地震からわが子を守る防災の本 国崎信江/著 編集工房一生社 2001.6
・地震対応マニュアル作成のために 阪神・淡路大震災から学ぶ社会教育施設   社会教育施設防災研究会 2005.3
・地震と人 その破壊の実態と対策 DBS cosmos library 村上処直/著 同文書院 1984.12
・地震なんかに負けない!幼稚園・保育園・家庭防災ハンドブック 子どもの命を守るための防災マニュアル ラポムブックス 土木学会巨大地震災害への対応検討特別委員 学習研究社 2006.1
・地震学者の個人的な地震対策 治にいて乱を忘れずの法 神沼克伊/著 三五館 1999.2
・大震災これなら生き残れる 家族と自分を守る防災マニュアル 山村武彦/著 朝日新聞社 2005.2
・巨大地震の予知と防災 京都大学防災研究所/編 創元社 1996.9
・行政の防災対策は大丈夫か 阪神・淡路大震災に学ぶ 全国主要都市住民・行政意識調査から 大島章嘉/著 日新報道 1996.12
・工場の地震対策は大丈夫か 阪神大震災・無災害工場の記録 小川正明/著 シグマ出版 1998.4
・「震火災予防調査会編『大震火災・避難の心得』」を読む 根本順吉/著 三一書房 1995.9
・震災対策 消防大学校/編著 ぎょうせい 1996.4
・地震災害論 防災学講座 京都大学防災研究所/編 山海堂 2003.9
・地震防災と安全都市 都市・建築防災シリーズ 鹿島都市防災研究会/編著 鹿島出版会 1996.8
・地震防災の事典 岡田恒男/〔ほか〕編 朝倉書店 2000.9
・〈図解〉*東京直下大震災 大惨事を生き抜く知恵と対策 中林一樹/著 徳間書店 2005.8
・大地震と都市災害 都市・建築防災シリーズ 鹿島都市防災研究会/編著 鹿島出版会 1996.8
・東海地震に備える企業の地震防災対策 静岡総合研究機構防災情報研究所/編・監修 近代消防社 2002.7
・都市防災 講談社現代新書 吉井博明/著 講談社 1996.12
・日本列島の地震防災 阪神大震災は問いかける 日本科学者会議/編 大月書店 1995.11

(児童資料)
・こども地震サバイバルマニュアル 国崎信江/著 ポプラ社 2006.2
・じしんのえほん こんなときどうするの? 国崎信江/作 ポプラ社 2006.2
・大地震が学校をおそったら 1-3 すぐに役立つ学校防災 学校でのひなんと備え   学習研究社 1996.2

■■所蔵雑誌の中に次のような記事あり。
・町内会・自治会の動向と防災問題(現代国家・地域論〔8〕) 月刊自治研 1984.1
・防災組織としての町内会―関東大震災を中心として(主集・住みよい都市の条件〔9〕都市災害の側面から) 都市問題 1983.11

(関連情報)
・緊急時の対応確認/栗林地区住民ら防災訓練 四国新聞 2011/08/21
   http://www.shikoku-np.co.jp/kagawa_news/locality/20110821000139
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369)
社会学  (361)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
災害予防
地震災害
都市計画
町内会
自治会
防災訓練
避難所への移動
けが人の搬送
消火活動
東南海・南海地震
停電により信号機も故障したとの想定
警察官の手信号
消防署員
消火器の操作手順
竹と毛布を使った簡易担架の作り方
防災意識
阪神・淡路大震災(1995)
社会福祉
地域社会
東日本大震災(2011)
3月
4月
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
定番事例
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000023298解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter








新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ