このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000023278
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20050716-1
事例作成日
(Creation date)
2005/07/19登録日時
(Registration date)
2005年07月19日 12時29分更新日時
(Last update)
2010年06月26日 10時01分
質問
(Question)
伊予の国(愛媛県)の伝説で、高齢に達した武士が自分の命と引き換えに枯れた桜の樹に花を咲かせて欲しいと念じ、その樹の下で切腹した。すると冬にもかかわらず花が咲き、その後も武士の命日に花を咲かせるという話の出典を確認したい。
回答
(Answer)
ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)『怪談』の中の「十六桜」がその出典と思われる。
この「十六桜」の原拠は、愛媛 淡水生「十六日桜」 『文藝倶楽部』 第7巻第3号 明治34年(1901)2月 (「諸国奇談」六篇の一つ)。 
参照:『怪談・奇談』 講談社学術文庫 p.100 作品、p.340 解説、p.397 原拠 (淡水生の「十六日桜」には切腹の話は出てこない。)
また、この十六日桜には、別に孝子桜として親孝行にまつわる話も伝わっている。 
参照:『松山案内』 p.38 十六日桜 近代デジタルライブラリー(国立国会図書館)  http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/766523/39  (2010/06/26確認)
『小泉八雲事典』「桜」の項(平川祐弘氏)によれば、「十六桜」は同じく淡水生の「姥桜」(『文藝倶楽部』 第7巻第8号 明治34年(1901)6月)(『怪談・奇談』 講談社学術文庫 所収)からも想を得ているとの指摘がある。
回答プロセス
(Answering process)
最初、愛媛県の民話、伝説について調べたが、該当するものが見つからなかった。 
伝説の内容から、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の線で調査してみた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (933 9版)
参考資料
(Reference materials)
『怪談・奇談』 小泉八雲著 ; 平川祐弘編 講談社 1990 (講談社学術文庫 930) ISBN:406158930X
近代デジタルライブラリー(国立国会図書館)
http://kindai.ndl.go.jp/  (2010/06/26確認)
『松山案内 附・道後高浜三津郡中』 東俊造編 松山市勧業協会 1909
近代デジタルライブラリー  http://kindai.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/766523  (2010/06/26確認)
『小泉八雲事典』 平川祐弘監修 恒文社 2000 p.250-254 ISBN:4770410247
キーワード
(Keywords)
冬桜
十六桜
十六日桜
ラフカディオ・ハーン
Hearn, Lafcadio
小泉八雲
淡水生
姥桜
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000023278解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter








新着データ
最近のアクセスランキング
おすすめデータ