このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000022632
提供館
(Library)
宮崎県立図書館 (2110038)管理番号
(Control number)
宮崎県立26
事例作成日
(Creation date)
2003年05月29日登録日時
(Registration date)
2005年06月23日 08時30分更新日時
(Last update)
2017年02月20日 15時54分
質問
(Question)
「宮崎」という地名の由来は
回答
(Answer)
【資料1】「47都道府県の明治維新」
p319
「宮崎県の「宮崎」は、いまの宮崎地方を古くから「ミヤザキ」と呼んでいたことに由来する。十世紀初頭にできた「和名類聚抄」(わみょうるいじゅうしょう)に「宮崎郡」の名称が出ているが、むかし、この地には神武天皇の宮居(みやい)があったと伝えられ、天皇にまつわる伝承も多い。宮崎の「崎」は、宮の「あたり」「所在地」という意味で、宮崎神宮の前身である「神武天皇社」という神社が昔からあったことによる地名であろう。(後略)」


【資料2】『新日向ものしり帳』
p2~p4に記載あり。


【資料3】『日本地名大事典 下 せ~わ』
p265 みやざき[宮崎]の項。
「(前略)奈古神社の宮前(みやさき)の地というが、江田神社の宮前と思われる。」


【資料4】『角川 日本地名大辞典 45 宮崎県』
p741 みやざき 宮崎〈宮崎市〉の項
「(前略)地名は、神武天皇の高千穂宮跡と伝えられる皇宮屋、または奈古神社の前に広がる地としての宮前からの転訛かともいわれる。(後略)」


【資料5】『続・地名語源辞典』
p182 みやざき【宮崎】の項
「(前略)だからここの宮崎市も、宮前(ミヤサキ)すなわち「神宮の前」の意か。」


【資料6】『古代地名語源辞典』
p301 みやざき(宮前、宮埼)の項。
「『和名抄』日向国宮埼郡、肥後国飽田郡、常陸国鹿島郡の宮前郷。〈中略)「神社前の地」をさす語であろう。また、「神社付近の岬」の意の場合もある。(後略)」


【資料7】『日本地名ルーツ辞典』
p950 宮崎 ミヤザキ の項。
「(前略)「宮崎」は①本来は「神社(お宮)がある崎」を意味する。「崎」は、海や湖に突き出した所だけでなく、平野に突き出した台地についてもいう。台地の先端部に神社が建てられ、「宮崎」の地名が付けられることが多い。宮崎郡内の式内社は江田神社で、その近辺が本来の宮崎の地であったとみられる。また、②神武天皇の高千穂宮跡といわれる皇宮屋(宮崎市下北方町)、あるいは奈古神社(宮崎市南方町)の前方、宮前(みやさき)を意味するとも言われる。(後略)」


【資料8】『47都道府県 地名由来百科』
p251-252に記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】栗原隆一 編 , 栗原隆一. 47都道府県の明治維新. 自由国民社, 1981.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I004029322-00
【資料2】石川恒太郎 著 , 石川, 恒太郎, 1900-1990. 新・日向ものしり帳 : 茶の間の歴史. 帝国地方行政学会, 1974.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001220759-00
【資料3】吉田茂樹 著 , 吉田, 茂樹, 1932-. 日本地名大事典 下(せ-わ). 新人物往来社, 2004.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007524330-00 , ISBN 4404031998
【資料4】「角川日本地名大辞典」編纂委員会 編纂. 角川日本地名大辞典 45 (宮崎県). 角川書店, 1986.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002010756-00 , ISBN 4040014502
【資料5】山中襄太 著 , 山中, 襄太, 1895-. 地名語源辞典 続. 校倉書房, 1979.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001441733-00
【資料6】楠原佑介 [ほか]編著 , 楠原, 佑介, 1941-. 古代地名語源辞典. 東京堂出版, 1981.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000001524183-00
【資料7】歴史と文化を探る日本地名ルーツ辞典. 創拓社, 1992.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000001-I066220102-00 , ISBN 4871381404
【資料8】谷川彰英 著 , 谷川, 彰英, 1945-. 47都道府県・地名由来百科. 丸善出版, 2015.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I026025272-00 , ISBN 9784621087619
キーワード
(Keywords)
宮崎
地名
由来
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000022632解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!