このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021905
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2004-096
事例作成日
(Creation date)
2005/03/09登録日時
(Registration date)
2005年05月27日 02時11分更新日時
(Last update)
2009年05月31日 15時29分
質問
(Question)
紅茶キノコの①成分、②効能について知りたい。
回答
(Answer)
①については、資料によって説が分かれている。②については、科学的な根拠を示す資料は確認できなかった。
回答プロセス
(Answering process)
①成分
『紅茶キノコ健康法』には、「酢酸菌または乳酸菌の一種ではないか」、さらに「キノコを増殖する一種の産膜酵母である」とある。
『朝日新聞 1975.6.1』には、「酢酸菌とカビの仲間である二、三の酵母がいっしょに生息しているもの」とある。
『毎日新聞 1975.6.10』には、「学者間では、酢酸菌、乳酸菌と二、三の酵母がいっしょになったものという説が有力」とある。
『健康法一覧の本』には、「成分はほとんど酢酸である。それにグレコン酸、ビタミンC、乳酸なども多少含まれている」と記述あり。
②効能
『朝日新聞 1975.6.1』『毎日新聞 1975.6.10』には、医学的な効力については、否定的な記事が載っている。
『健康法一覧の本』には、効果と「プラシーボ効果」(暗示療法)について記述されている。
「ただしい治療あやしい治療」(移動図書館車資料)は、効力について取り上げ、民間療法を批判的に記述している。
『壮快 28巻8・9号』には、培養法と効果についての記述がある。

『大宅壮一文庫雑誌記事索引 件名編6』の「紅茶キノコ」の項目に45件掲載がある。そのうち、『AERA』『科学朝日』には批判的記事が載っている。『クロワッサン』『創』は、紅茶キノコの流行を事例として取り上げている。その他の記事は未確認。
事前調査事項
(Preliminary research)
調査済資料:「現代日本料理用語事典」「調理素材事典」「総合調理科学事典」「キノコの事典」等
NDC
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498 9版)
特種目録  (027 9版)
参考資料
(Reference materials)
『紅茶キノコ健康法』(中満須磨子 地産出版 1975)
『健康法一覧の本 自分の体質・年齢・好みに応じて選べる健康法のすべて』(原勝文 日本実業出版社 1980)
『朝日新聞 1975.6.1』
『毎日新聞 1975.6.10』
「ただしい治療あやしい治療 紅茶キノコからガンワクチンまで」(砂原茂一 講談社 1980:移動図書館車資料)
『壮快 28巻8・9号』
『大宅壮一文庫雑誌記事索引総目録 件名編6』(大宅壮一文庫 1985)
キーワード
(Keywords)
食品-紅茶きのこ
新聞記事索引
雑誌記事索引
健康法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000021905解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!