このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021886
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2004-109
事例作成日
(Creation date)
2005/03/12登録日時
(Registration date)
2005年05月27日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年06月16日 09時55分
質問
(Question)
東日本と西日本に境界線を引く際に、どのような観点があるか。中央構造線、言語(方言)、電力供給(50/60ヘルツ)など。資料を紹介してほしい。
回答
(Answer)
以下の観点と、該当資料を紹介する。
①各種の観点 『コンサイス日本地名事典』 東日本・西日本の項目では、ブロック割り・フォッサマグナ・各種文化面・方言による線引きが紹介されている。
②地帯構造・地質・地形の観点 『地学教育辞典』等にフォッサマグナ・構造線図あり。
③方言の観点 『日本語の起源』『全国方言辞典』等に境界図・区画図あり。
④各種文化の観点 『東と西 海と山』『日本うまいもの辞典』(味覚の境界線あり)
⑤交流周波数の観点 『電気百科事典』に周波数分布あり。
⑥植生の観点 『環境考古学事始』『日本の植生』
⑦ブロック割の観点 《気象庁》(地域区分・予報区)
⑧東西差異の様々な観点を示す資料 『東日本と西日本』ことば・身体・遺跡・江戸と上方など。境界図・分布図も数点掲載があり。『東と西の語る日本の歴史』
回答プロセス
(Answering process)
質問者の例示や、調査過程で出てきた観点を元に各分野の資料にあたった。
また、「東日本と西日本」「東と西」をキーワードに自館目録を検索し、資料を探した。
回答以外の調査済み資料
②『地形学事典』『風土学ことはじめ』
③『日本語の世界 8』『日本の方言区画』『方言地理学図集』
④『国文学年次別論文集 国文学一般 1998』「日本列島上の歴史と文化におけるもう一つの東西境界線「関東・越後線群」」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
参考資料
(Reference materials)
『コンサイス日本地名事典』(三省堂編修所 三省堂 1989)
『地学教育辞典』(藤本治義 朝倉書店 1957)
『日本語の起源』(同一書名多数 書誌未確認)
『全国方言辞典』(同一書名あり 書誌未確認)
『東と西 海と山 日本の文化領域』(大林太良 小学館 1990)
『日本うまいもの辞典』(近藤弘 東京堂出版 1986)
『電気百科事典』(オーム社 1982)
『環境考古学事始』(安田喜憲 日本放送出版協会 1980)
『日本の植生』(同一書名多数 書誌未確認)
『東日本と西日本』(大野晋 日本エディタースクール出版部 1981)
『東と西の語る日本の歴史』(網野善彦 そしえて 1982)
キーワード
(Keywords)
日本-地理
東日本-西日本
地帯構造-地質-地形
中央構造線
フォッサマグナ
日本語-言語-方言
文化
交流周波数-ヘルツ-電力
植生-植物
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000021886解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!