このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021686
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004003809
事例作成日
(Creation date)
2005/01/19登録日時
(Registration date)
2005年05月19日 02時12分更新日時
(Last update)
2007年02月18日 15時11分
質問
(Question)
童話では森がよく舞台になっているが、その理由について書かれた資料はあるか。童話全般ではなく、「グリム童話」に限定してよい。
回答
(Answer)
資料1:『グリム・森と古城の旅』 p.130~ に、「ドイツの森は日本の森とちがう性質をもっている。・・・ドイツの森は歩きやすい。しかし、広いうえに起伏が少ないので目印も見つけにくいため、いったん深くはいりこむとなかなか出られない。・・・そもそも森にはいるということは、日常の人間社会から追放されたり逃亡したりすることだった。・・・森という一言でメルヘンの舞台が即座にできあがった。」と書かれている。
資料2:『グリム童話研究』 p.150には、「ドイツ人はもともと森の民で暮らしの中に森があった・・・。」と書かれている。
参考までに、[NDL-OPAC 雑誌記事索引]を<グリム><森>等の語で検索すると、以下の記事などがある。(都立図書館に所蔵なし)
・「グリムの森」と「グリムの館」 (『ドイツ研究』 通号24号(1997.6))
・「グリム童話」における森林像について (『姫路工業大学環境人間学部研究報告』 5号(2003.5))
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 グリム・森と古城の旅 : メルヘン街道をゆく / 宮下啓三∥著 / 日本放送出版協会 , 1986 K/940/グ1/6
【資料2】 グリム童話研究 / 日本児童文学学会∥編 / 大日本図書 , 1989.10 K/940/グ1/303
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000021686解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!