このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021679
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004003752
事例作成日
(Creation date)
2005/01/05登録日時
(Registration date)
2005年05月19日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年03月10日 13時06分
質問
(Question)
(1) 江戸時代の握りずし(江戸前鮨)は大きかったそうだが、どのくらいの大きさだったのか。
(2) 鮨のネタにはどのようなものがあったのか。
回答
(Answer)
(1) 大きさについて
資料1-第1章「日本のすしの歴史」のうち、「握りずしの誕生」の文章のなかで、現代と大きさが異なり今より2~3倍はあった旨の記述がある。また、第3章「各地のすし」のうち、「江戸前握りすし」(p.90-96)の項目でも同様の記述あり。
資料2-「江戸前寿司の誕生」の項目のなかで、「江戸時代と現在の握り寿司」として、実際に調理し、比較した写真が掲載されている。解説に「現在の寿司の2~3倍の量があった」とあり。
資料3-握りずしの数え方の由来に関するコラムで、「(江戸時代)当時、握り鮨の屋台で出される鮨の大きさが、紐を通した穴あき銭1貫分の大きさとほぼ同じだったため、「貫」で数えるようになったと言われています。穴あき銭1貫分のサイズの鮨はかなり大形だったため、食べやすいように1貫分のネタと飯(シャリ)を半分に分けて2個握るようになりました。つまり、『握り鮨2個で1貫』というわけです」とあり。
(2) ネタについて
図版
資料4-「握り鮓」としてアナゴ、コハダなどのネタとともに、図版が掲載されている。
資料5-巻頭にある口絵1枚目上段に、当時の「与兵衛ずし」が供した握り鮨を描いた図(カラー)あり。
上記資料1~2でもネタの種類は確認できる。この他、以下の資料にも記述がある。
資料6-「多彩な江戸前のすしだね」(p.102-105)
資料7-「にぎりずし 握り鮨(東京)」(p.164-165)
資料8-「江戸時代の鮨」(p.33-42)
資料9-「江戸・明治握りずし」(p.163-165)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 すしの事典 / 日比野光敏∥著 / 東京堂出版 , 2001.5 /383.8/5077/2001
【資料2】 ビジュアル・ワイド江戸時代館 / [竹内誠∥監修] / 小学館 , 2002.12 D/210.50/5105/2002
【資料3】 数え方の辞典 / 飯田朝子∥著 / 小学館 , 2004.4 R/815.2/5004/2004
【資料4】 守貞謾稿図版集成 / [喜多川守貞∥著] / 雄山閣 , 2002.1 /382.1/5111/2002
【資料5】 鮓・鮨・すし : すしの事典 / 吉野昇雄∥著 / 旭屋出版 , 1990.11 /5961/3047/90
【資料6】 江戸前の味 / 長崎福三∥著 / 成山堂書店 , 2000.12 T/0・383/5004
【資料7】 日本の味探究事典 / 岡田哲∥編 / 東京堂出版 , 1996.1 R/3838/3201/96
【資料8】 すし通 / 永瀬牙之輔∥著 / 東京書房社 , 1986.3 ( 日本の食文化大系 13 ) /3838/217/13
【資料9】 すしの歴史を訪ねる / 日比野光敏∥著 / 岩波書店 , 1999.10 ( 岩波新書 新赤版 641 ) /383.8/5008/1999
キーワード
(Keywords)
東京都
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000021679解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!