このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021637
提供館
(Library)
東京都立中央図書館 (2110013)管理番号
(Control number)
都立図事-2004003411
事例作成日
(Creation date)
2004/08/29登録日時
(Registration date)
2005年05月19日 02時11分更新日時
(Last update)
2007年02月18日 13時43分
質問
(Question)
図書館学でよく聞く「The right book for the right person at the right time」の日本語訳が知りたい。「適切な本を適切な人に適切な時に」と記憶していて調べたが見つからなかった。
回答
(Answer)
図書館資料論に関する資料を調査したが、質問と全く同じ文章は見つからなかった。
ただし、類似の文章とその日本語訳なら、下記の3点あり。
1)The right book for the right reader at the right time
Francis K.W. Druryの言葉で、資料1に以下のように記述されている。
p.134 “1930年にドルァリーが主張した適書論(The right book for the right reader at the right time)”
p.207 “「適書を適者に適時に」と主張したドルァリー”
p.208 “ドルァリーの適書論の立場は、第1章の冒頭で次のように宣言されている。「図書選択の高邁なる目的は、適書を適切な読者に適時に提供する(to provide the right book for the right reader at the right time)ことにある」”
2)The right book must be put into the right hand at the right time
John Cotton Danaの言葉で、資料1に以下のように記述されている。
p.133 “適書を適者の手に、という原則は既に、1896年の講演の中で宣言されている。(略)「適書が適者の手に適時に与えられねばならない」(The right book must be put into the right hand at the right time)”
また、資料2のp.38には「デイナの適書論」として次のように紹介されている。
“「適書(the right book)が適者(the right hand)の手に適時(the right time)に与えられねばならない」との適書論に到達した。”
3)The right book to the right person at the right time
当館の印刷資料では確認できなかったが、インターネット上でいくつか見つかった。いずれも図書館学を専門とする今まど子氏に関連したページ。(最終検索日:2005.3.10)
http://www.chuo-u.ac.jp/chuo-u/kouhou/tkairou/teacher/t2pdf/09.pdf
http://homepage2.nifty.com/htm_kairou/jukou/kon/genkou.html
これらには、「求めている本を、求めている人に、求めている時に」とある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
図書館.図書館情報学  (010 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 アメリカにおける図書選択論の学説史的研究 / 河井弘志∥著 / 日本図書館協会 , 1987.11 /0141/7/87
【資料2】 図書館資料論 / 河井弘志∥編著 / 東京書籍 , 1998.1 ( 新現代図書館学講座 8 ) /0108/3005/8
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000021637解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!