このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021537
提供館
(Library)
岡崎市立中央図書館 (2310043)管理番号
(Control number)
岡崎図-0007
事例作成日
(Creation date)
2004/01/08登録日時
(Registration date)
2005年05月11日 02時10分更新日時
(Last update)
2016年07月30日 13時33分
質問
(Question)
正月のしめ飾りは、いつ、はずせばよいかを知りたい。
回答
(Answer)
【資料1】p554 「門や玄関の注連縄は一月七日にはずします。神棚の注連縄は一年を通して飾り、次の正月を迎える前に張りなおします。」とあり。
【資料2】p56 「注連縄は、一月一四日に取りはずし・・・・・」とあり。
【資料3】p20 「正月飾りを取りはらう日は六日、七日、一四日と地域によってちがいがあります。」とあり。
【資料4】p356-357 正月飾りの項に「正月飾りを取り去ることは松送りなどと世ばれ、六日か七日に行われることが多く、その後、十五日のトンド焼きの火で焼かれる。」とあり。
【資料5】p35-37 「注連飾りを片づける日を注連上げという所もあり、四日や七日の朝、一月十四日などに外して小正月の火祭りに焚くことが多い。」 とあり。

しめ飾りを取りはずす日は、一月四日、六日、七日、十四日と地域によって違いがあり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
年中行事.祭礼  (386 9版)
参考資料
(Reference materials)
『現代マナー事典』講談社、1990年、385.0/ケ(【資料1】)
『生活ごよみ 正月』講談社、1986年、W386/セ(【資料2】)
『12ケ月のしきたり』PHP研究所、2007年、386.1/シ(【資料3】)
『年中行事大辞典』吉川弘文館、2009年、386.1/ネ(【資料4】)
『三省堂年中行事事典』三省堂、2012年、386.1/サ(【資料5】)
キーワード
(Keywords)
しめ飾り
正月
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000021537解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決