このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021435
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2004-070
事例作成日
(Creation date)
2004/12/02登録日時
(Registration date)
2005年04月22日 02時10分更新日時
(Last update)
2009年06月09日 14時37分
質問
(Question)
バッハ等に関連した以下の事柄について、裏付けとなる資料を探している。
①バッハがプロテスタントであったこと。
②バッハが勤めていた聖トーマス教会(ライプツィヒ)と聖ニコライ教会がプロテスタントの教会であったこと。
③シラーとベートーベンがプロテスタントであったこと。
回答
(Answer)
以下の資料に記述あり。
①バッハがプロテスタントであったこと。
『バッハと時代精神(バッハ叢書 2)』『バッハとライプツィヒの教会生活(バッハ叢書 7)』『バッハ』(角倉一朗)『バッハ』(イモージェン・ホルスト)『バッハアルバム(バッハ叢書 別巻1)』。

②聖トーマス教会(ライプツィヒ)と聖ニコライ教会がプロテスタントの教会であったこと。
『バッハとライプツィヒの教会生活』、『バッハ事典』(〈ライプツィヒ〉の項)。

③シラーとベートーベンがプロテスタントであったこと。
シラー 『世界日本キリスト教文学事典』『シラー 生涯と著作』『シラーの生涯』。
ベートーベン 『ベートーヴェン大事典』『ベートーヴェンの生涯』『ベートーヴェン 生涯篇』。
回答プロセス
(Answering process)
バッハ、シラー、ベートーベンの伝記・評伝・研究書にあたった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
各教派.教会史  (198 9版)
音楽史.各国の音楽  (762 9版)
ドイツ文学  (940 9版)
参考資料
(Reference materials)
『バッハと時代精神(バッハ叢書2)』(白水社 1979)
『バッハとライプツィヒの教会生活(バッハ叢書7)』(白水社 1982)
『バッハ 大音楽家 人と作品』(角倉一朗 音楽之友社 1972)
『バッハ』(イモージェン・ホルスト 全音楽譜出版社 1975)
『バッハアルバム(バッハ叢書 別巻1)』(白水社 1983)
『バッハ事典』(音楽之友社 1993)
『世界日本キリスト教文学事典』(教文館 1994)
『シラー 生涯と著作』(新関良三 東京堂 1959)
『シラーの生涯  その生活と日常と創作』(ペーター・ラーンシュタイン 法政大学出版局 2004)
『ベートーヴェン大事典』(バリー・クーパー 平凡社 1997)
『ベートーヴェンの生涯』(ロマン・ロラン 岩波書店 1991)
『ベートーヴェン 生涯篇』(属啓成 音楽之友社 1983)
キーワード
(Keywords)
プロテスタント教会-キリスト教
Bach Johann Sebastian(バッハ ヨハン セバスチャン)
Schiller Johann Christoph Friedrich von(シラー J.C.F)
Beethoven Ludwig van(ベートーヴェン ルードヴィヒ・ヴァン)
音楽家-ドイツ
ドイツ文学
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000021435解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!