このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000021023
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M04091621037898
事例作成日
(Creation date)
2016/03/26登録日時
(Registration date)
2005年03月30日 02時13分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
谷口久吉(谷口古杏)が詠んだ句碑の建立地(岡山県内)を知りたい。
回答
(Answer)
・『岡山県歴史人物事典』(資料①)の「谷口久吉(ひさきち)」の項には、「実業家・新聞人・俳人」とあり、その略歴とともに「号は古杏(こきょう)」と解説されている。

資料②~⑦より、以下A~Eの谷口古杏の句碑の所在を確認した。

  A けきょと啼く治承の春は欺くさむきか  (岡山市北区吉備津)
  B かなかなやここに錆びつくふたりの坐  (岡山市北区日近・安養寺)
  C かなかなや朝の枕灯妻と消す      (岡山市中区円山・曹源寺)
  D 良寛さんさくらんぼうがうれました    (倉敷市玉島・円通寺)
  E 雨の郭公わが霊行衛さだまりぬ     (岡山市中区・石井十次記念聖園)

※Bの句碑にある「錆」の実際の表記は金偏に青となっている。


各資料の収録句碑は次のとおり。

  ・『岡山の文学碑』            (資料②) A
  ・『岡山県の文学碑めぐり』      (資料③) B,C,D
  ・『岡山県の文学碑めぐり2』     (資料④) A,C,E
  ・『吉備路をめぐる文学のふるさと』 (資料⑤) B,C,D
  ・『全国文学碑総覧』          (資料⑥) B,C,D,E
  ・『谷口久吉の文化巡歴』       (資料⑦) A,B,C,D

※資料⑥には、「谷口古京」(原文ママ)の表記により句碑が掲載されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
谷口古杏の略歴及び本名「久吉」については下記資料を参照した。

塩尻青笳ほか『岡山の俳句』岡山 日本文教出版,1970,200p. 参照はp.178-180.
NDC
日本文学  (910 9版)
参考資料
(Reference materials)
①『岡山県歴史人物事典』 山陽新聞社 1994年『岡山県歴史人物事典』岡山 山陽新聞社,1994,1254p. 参照はp.625.

②山本遺太郎『岡山の文学碑』岡山 日本文教出版,1965,215p. 参照はp.140.

③小出公大『岡山県の文学碑めぐり』岡山 創文社,2005,130p. 参照はp.18-19,52-53.

④小出公大『岡山県の文学碑めぐり2』岡山 創文社,2010,130p. 参照はp.16-17,33.

⑤『吉備路をめぐる文学のふるさと』編集委員会『吉備路をめぐる文学のふるさと』岡山 吉備路文学館,2010,206p. 参照はp.76-77.

⑥宮澤康造ほか『新訂増補 全国文学碑総覧』 日外アソシエーツ,2006,1200p. 参照はp.887-890.

⑦生咲恭仁彦『谷口久吉の文化巡歴』岡山 山陽放送,1998,287p. 参照はp.142-192.
キーワード
(Keywords)
句碑
俳句
谷口久吉
谷口古杏
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2004091621022037898
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢, 高校生
登録番号
(Registration number)
1000021023解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!