このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000020640
提供館
(Library)
公益財団法人吉田秀雄記念事業財団アド・ミュージアム東京広告図書館 (4210008)管理番号
(Control number)
2004-0044
事例作成日
(Creation date)
2004年05月21日登録日時
(Registration date)
2005年02月25日 11時58分更新日時
(Last update)
2008年04月18日 18時14分
質問
(Question)
テレビショッピングの中に、サントリーの健康食品がある。
これに関する情報を探している。
回答
(Answer)
当館には、“インフォマーシャル” や “持ち込み番組”に関する
統計資料はない。

サントリーの健康食品 の観点から、【参考資料:2】 を提示
回答プロセス
(Answering process)
1.テレビショッピングの中のCMは、テレビCMなのか、それとも番組
の一部なのか、という点に疑問を感じ、 JAROに相談。
 
 【JARO:回答】
   テレビCMと考えてよいと思う。
   ただしそれは、商品の紹介を1本見た場合。
   これが繰り返し流れ、番組提供の形をとらなければ
   番組と考えるケースが多いだろう。
   CM自体が番組となり、時間も長く取れるので、
   通常より費用もかからず、地方民放ではよく使用される。
   こういうタイプは、業界では 「持ち込み番組」といわれる。
   ジャパネットたかたも、この部類。
   
2.当館所蔵の本【参考資料:1】 をみると、このようなタイプのCMは
  “インフォマーシャル” と呼ばれていることがわかる。

p.85
   インフォマーシャルとは、メーカー等の広告主が
   ネットワークの時間枠を買い取って放映する広告番組を指す。
   特定の商品やサービスにスポットを当て、その商品の特徴、使用法、
   利点等を分かりやすく説明、実践して見せるのはもちろんのこと、
   ユーザーの体験談、他社製品との比較等も盛り込み、バラエティー
   ショー仕立てにしたプログラムである。したがってインフォマーシャルは、
   商品とその購入方法のみを紹介する一分程度のコマーシャルとは
   区別される存在である。

3.ビデオ・リサーチにも問い合わせる。
 
  【ビデオ・リサーチ:回答】
   “インフォマーシャル”は、スポンサーがついているので、CM扱いに
   している。しかし、これに関する統計類は、一切公表していない。 
   詳しくは営業の部署をたずねてもらいたい。

 とのこと。

4.質問者は、サントリーの健康食品についての情報を探しているので
  雑誌から、【参考資料:2】の特集記事を提示。 
  
事前調査事項
(Preliminary research)
・CM時間が長い。
・MXテレビなどの深夜枠で、繰り返し同じCMが流れている
NDC
マーケティング  (675 8版)
参考資料
(Reference materials)
1.請求記号:275-KOJ
 『TVショッピングエイジ』 (小島健輔・秋山曜子 共著、中央経済社 発行、1994)
→p.85

2.請求記号:R100-ASA-2004
 『広告月報:2004年2月号』(朝日新聞社 編/発行、2004)
→p.6~15: 特集:健康マーケットのゆくえ
3.請求記号:Y155-IKE-1985
 『ニューメディア時代の広告のあり方:インフォマーシャルの効果測定』
 (池田謙一・飽戸弘・鈴木裕久・宮田加久子 著、吉田秀雄記念事業財団 編、1986)
キーワード
(Keywords)
インフォマーシャル
持ち込み番組
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
日本広告機構(JARO)(TEL03-3541-2811);ビデオリサーチ(TEL:03-5541-6511);いずれも2008年04月18日確認
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000020640解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!