このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000019683
提供館
(Library)
宮城県図書館 (2110032)管理番号
(Control number)
宮県図レファ05-0009
事例作成日
(Creation date)
2005年02月16日登録日時
(Registration date)
2005年02月16日 10時11分更新日時
(Last update)
2010年02月12日 13時43分
質問
(Question)
入れ墨をめぐる法的環境について知りたい。
回答
(Answer)
現行刑法では禁止されていませんが、自治体によっては本県(宮城県)を含めて条例で満18歳未満へのいれずみを禁止しているところがあります。
回答プロセス
(Answering process)
1.『図解人体改造マニュアル』(同文書院 1998年)
P18より一部抜粋 いれずみ禁止令 いれずみは文化8年(1811)「身体に疵(きず)をつけるという恥ずべきことなのに、若い者はこれを伊達(だて)だと心得違いしている」と江戸幕府から禁止令がだされたが、維新後の明治5年(1872)には首都東京で、今度は文明化に恥ずかしい行為だという理由で、混浴や春画販売などとともに再び禁止令が出された。どちらも軽犯罪法の領域にすぎなかったが、今日でも自治体によっては条例で満18歳未満へのいれずみを禁止しているところがあるから注意だ。(以下省略)

2.宮城県例規集
宮城県青少年保護条例(抄)
第4条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
 一 青少年 六歳以上十八歳未満の者(女子であつて配偶者のあるものを除く。)をいう。(以下、省略)
第19条 何人も、医療行為その他正当な理由がある場合を除き、青少年に対し、入れ墨を施し、受けさせ、又はこれらの行為の周旋をしてはならない。
第20条 何人も、次の各号に掲げる行為が青少年に対してなされ、又は青少年がこれらの行為を行うことを知つて、場所を提供し、又はその周旋をしてはならない。
(一~五、省略)
 六 入れ墨を施す行為 

3.判例
医師法違反被告事件 東京地裁平元特(わ)1211号 平成2年3月9日
入れ墨を施す行為は医療行為とみなす。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
刑法.刑事法  (326 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図解人体改造マニュアル』(同文書院 1998年) 
宮城県例規集
判例体系CD-ROM
キーワード
(Keywords)
刺青
入れ墨
入墨
いれずみ
タトゥー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
法律
質問者区分
(Category of questioner)
県機関
登録番号
(Registration number)
1000019683解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!