このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000019020
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-1995-127
事例作成日
(Creation date)
1995/12/19登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時52分更新日時
(Last update)
2008年03月29日 08時35分
質問
(Question)
知人からもらった絵に、「法眼周山」とあった。茶人でもあったらしいが、この人について調べてほしい。
回答
(Answer)
『書画・骨董人名大辞典』から「吉村充興 別号は探仙、通称を周七郎。大阪の画家で狩野充信の門下、のち法眼に叙せられた。また根附彫の妙手。安永五年(1776)没」とわかる。
『新潮世界美術辞典』『評伝日本書画名家辞典』『大日本書画名家大鑑』『日本美術史事典』にも記述や解説あり。『日本人名大事典』を見るが、ほぼ同様の内容である。
以上を回答する。
回答プロセス
(Answering process)
『号・別名辞典』『茶道人物辞典』『日本人物文献目録』になし。
『書画・骨董人名大辞典』には、<周山>の項に回答の記述あり。
『新潮世界美術辞典』『評伝日本書画名家辞典』『大日本書画名家大鑑』にも<吉村周山>の項に同様の記述あり。
『日本美術史事典』p532にも解説あり。
『人物レファレンス事典』により『日本人名大事典』を見るが、ほぼ同様の内容である。
以上を回答する。
事前調査事項
(Preliminary research)
山種美術館、出光美術館でわからず。国立博物館資料室では「飛田周山」の個展を1984年に開催したが、この人ではないらしい。「古画備考」は相互貸借で利用済みなので、茶人の方向で調べてほしい。
NDC
宝石.牙角.皮革工芸  (755 9版)
日本画  (721 9版)
参考資料
(Reference materials)
『書画・骨董人名大辞典』(金園社 1975)
『評伝日本書画名家辞典』
『大日本書画名家大鑑』
キーワード
(Keywords)
根付
吉村 充興(ヨシムラ ミツオキ:推定読み)
日本画-狩野派-江戸時代 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
その他
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000019020解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!