このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000017976
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-1997-013
事例作成日
(Creation date)
1997/05/15登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時43分更新日時
(Last update)
2008年10月30日 10時29分
質問
(Question)
「鏡に人を写すと、左右は対象となるが、上下はそうならない」。このことを理論的に証明し、フィールズ賞を受賞したという記事を見たことがある。証明した論文そのものが見たい。
回答
(Answer)
フィールズ賞(1992まで)には該当の受賞論文は見あたらなかった。ノーベル賞受賞論文に同内容のものがあったため、以下の関連資料を提供する。質問者に確認したところ、ノーベル賞の思い違いであったかもしれないとのこと。
『ノーベル賞講演物理学 8』所収の「偶奇性の保存則その他物理学における対称性の法則」(楊振寧)「弱い相互作用と偶奇性の非保存」(李政道)。
『ノーベル賞の発想』 楊氏について16頁程記述あり。
『右と左』『左と右の世界』『自然界における左と右』『実在の鏡』『鏡の中の物理学』
回答プロセス
(Answering process)
フィールズ賞(1992まで)には該当の受賞論文は見あたらなかったため、質問内容と関連のありそうな図書にあたる。その中で、数学や物理学における「右と左」の問題に関して1957年にノーベル賞を受賞した李政道(リ,セイドウ)、楊振寧(ヨウ,シンネイ)氏の「パリティ(偶奇性)非保存」の発見が言及されている。
そこで両氏の論文を探したところ、『ノーベル賞講演物理学 8』に「偶奇性の保存則その他物理学における対称性の法則」(楊)、「弱い相互作用と偶奇性の非保存」(李)が収録されていた。
また『ノーベル賞の発想』に楊氏について記述あり。
質問者に確認すると、思い違いでノーベル賞であったかもしれないとのことだった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
物理学  (420 9版)
知識.学問.学術  (002 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ノーベル賞講演物理学 8』(講談社 1980)
『ノーベル賞の発想』(三浦貫一 朝日新聞社 1985)
『右と左』(坪井忠二〔ほか〕 サイエンス社 1980)
『左と右の世界』(原田馨 朝倉書店 1981)
『自然界における左と右』(アーティン・ガードナー 紀伊国屋書店 1992)
『実在の鏡』(ブライアン・バンチ 青土社 1994)
『鏡の中の物理学』(朝永振一郎 講談社 1976)
キーワード
(Keywords)
物理学
学術-ノーベル賞
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000017976解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!