このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000016950
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-1996-097
事例作成日
(Creation date)
1996/09/24登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時33分更新日時
(Last update)
2008年07月30日 13時07分
質問
(Question)
視覚障害者の体験記を児童書と一般書で探している。目が不自由になっていく段階、その周囲の状況と関わり、自分の気持ち、目が不自由になってからの生活などがわかるもの。
回答
(Answer)
『やさしさと出会う本 「障害」をテーマとする絵本・児童文学のブックガイド』の中より、『出会いのカリフォルニア』『ロバータさあ歩きましょう』『フー子とママのふたり』『指で見る』があり。子ども室の書架より『朝子さんの点字ノート』があり。
一般図書では『百色のクレヨン』『闇の底抜けた』『フロックスはわたしの目』『手のひらで知る世界』『友だち百人できるかな』『たとえこの目は見えぬとも』『目の見えぬ子ら』などがあり。
以上の資料を提供する。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
社会福祉  (369 9版)
記録.手記.ルポルタージュ  (916 9版)
参考資料
(Reference materials)
『やさしさと出会う本 「障害」をテーマとする絵本・児童文学のブックガイド』(菊地澄子 ぶどう社 1990)
『出会いのカリフォルニア 盲導犬ユリアと私のアメリカ留学記』(児玉聖子 偕成社 1988)
『ロバータさあ歩きましょう』(佐々木たづ 講談社 1969)
『フー子とママのふたり 盲導犬ものがたり』(福沢美和 偕成社 1980)
『指で見る ぼく、どんな顔しているのかなあ。さわれる鏡があればいいなあ。』(トーマス=ベリイマン 偕成社 1977)
『朝子さんの点字ノート 目の不自由な人の心を知る本』(河辺豊子 日本児童教育振興財団 1995)
『百色のクレヨン』(滝沢忠義 桐原書店 1984)
『闇の底抜けた 農に生きる中途失明者の回生の手記』(井手信夫 樹心社 1992)
『フロックスはわたしの目 盲導犬と歩んだ十二年』(福沢美和 文藝春秋 1989)
『手のひらで知る世界』(石井康子 思想の科学社 1984)
『友だち百人できるかな ある全盲児の統合教育』(篠崎恵昭 日本放送出版協会 1978)
『たとえこの目は見えぬとも』(深沢道則 明治図書出版 1976)
『目の見えぬ子ら 点字の作文をそだてる』(赤座憲久 岩波書店 1961)
キーワード
(Keywords)
盲人-視覚障害者
手記
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000016950解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!