このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000016359
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-1993-067
事例作成日
(Creation date)
1993/08/11登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時28分更新日時
(Last update)
2018年02月21日 15時05分
質問
(Question)
魚のニジマスの表面のぬるぬるは何なのか。
回答
(Answer)
『調理科学事典』(河野友美編集 医歯薬出版 1990)
p423〈ぬめり〉の項「魚類などの表面にある粘質物のこと。動物性のものはたんぱく質が主体である」とあり。
『岩波科学百科』(岩波書店編集部編 岩波書店 1989)
p919 〈粘液〉の項 「動植物体にひろく分布する、粘液線という外分泌腺でつくられる。体表を保護したり、からだの移動をスムーズにしたり、感覚に役だてたりしていると考えられている。粘液の成分は動物によってちがうが、主成分は糖タンパク質である。」
『魚の博物事典』(末広恭雄〔著〕 講談社 1989)
p573 Q ウナギなどにあるぬるぬるしたものは何ですか
「タンパク質の一種でムチンという物質です。敵につかまりにくいという点で身を守るのに役立ちます。」

備考欄に追記あり(2018/02/21)。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
脊椎動物  (487 9版)
参考資料
(Reference materials)
『調理科学事典』(河野友美編集 医歯薬出版 1990)
『岩波科学百科』(〈岩波書店編集部編 岩波書店 1989)
『岩波科学百科』(〈岩波書店編集部編 岩波書店 1989)
キーワード
(Keywords)
ニジマス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
一般の方より情報提供あり(2018/02/21)。以下、提供情報。
丑田公規著「クラゲの有効活用の限界とムチンの化学」(「化学と教育 65巻 5号」p228-231 日本化学会 2017)(国会図書館所蔵)
 ムチンについての記述あり。
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000016359解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決