このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000015777
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-1997-078
事例作成日
(Creation date)
1997/10/08登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時22分更新日時
(Last update)
2008年02月06日 08時20分
質問
(Question)
明治の初期「妾の制度」が法的に明記され(戸籍法か?)ていたが、明治12~13年頃戸籍法から削除されたらしい。それらの条文内容と削除された年月日を知りたい。
回答
(Answer)
『新版 体系・戸籍用語事典』(日本加除出版 1992)によると、「妾」の配偶関係を認めていた時代の法的根拠として①「新律綱領」(明治3.12.27)、②「戸籍法」(明治4)、③「太政官布告21号」(明治6)、④「司法省指令」(明治7.2)、⑤「太政官達209号」(明治8)があり。
法律上から「妾」という用語が消滅したのは⑥「旧刑法」(明治13.7.12布告)からである。
これらのうち①⑥は『体系刑法事典』(青林書院新社 1981)にあり。②は『法令全書』(原書房)にあり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
民法.民事法  (324 9版)
法律  (320 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
『新版 体系・戸籍用語事典』(日本加除出版 1992)
『体系刑法事典』(青林書院新社 1981)
『法令全書』(原書房)
キーワード
(Keywords)
家族制度-明治時代-日本
法令集
戸籍行政-戸籍法 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000015777解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!