このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000015696
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-1996-200
事例作成日
(Creation date)
1997/03/25登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時21分更新日時
(Last update)
2008年10月30日 09時59分
質問
(Question)
「ネイチャー 1993.5.6」によると、超伝導物質の臨界温度は133K、-140゜Cとなっているが、これの新しいデータがほしい。
回答
(Answer)
『日経サイエンス 1996.10.11』に「高温超伝導のメカニズムを探る」という論文があり。そこに掲載されている図表を見ると約135Kが最高温と確認できる。
『現代用語の基礎知識 1997』の〈高温超伝導体〉の項に「93年になってスイス連邦工科大学が133.5Kという高い値を示す水銀系酸化物を合成」との記述あり。
『理科年表』より0K=-273.15゜Cなので133.5K=-139.65゜Cとなる。
これは質問要旨の値とほぼ同様の値である。以上より新データ確認できずと回答する。
回答プロセス
(Answering process)
『科学 1996.1-12 総目次』は関連あると思われる記事はなし。『パリティ』の「'96.1・6・12、'97.1」の内容を確認するが、適切なデータの記載なし。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
電磁気学  (427 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日経サイエンス 1996.10/11』
『現代用語の基礎知識 1997』(自由国民社 1997)
『理科年表 第70冊』(丸善 1996)
キーワード
(Keywords)
超電気伝導
臨界温度
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000015696解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!