このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000015408
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼川-1995-122
事例作成日
(Creation date)
1995/10/15登録日時
(Registration date)
2005年02月11日 02時18分更新日時
(Last update)
2008年03月30日 08時28分
質問
(Question)
犯罪を犯した被疑者に対してその名前を発表・報道する場合、実名あるいは匿名等どのように行われているのか、その法規制等はどのようなものか。
回答
(Answer)
以下の資料4冊を紹介する。
①『犯罪報道の犯罪』にイギリス・西ドイツ・スイス・オーストリア・韓国についての記述あり。
②『アメリカの新聞』には匿名等には触れていないが倫理綱領あり。
③『世界のメディア』には一部の国の報道倫理あり。
④『スエーデンのオンブヅマン』に「マスメディア倫理綱領」あり。
回答プロセス
(Answering process)
自館目録の『彩-BISC』からNDC分類〈070〉で検索。『犯罪報道の犯罪』『アメリカの新聞』『世界のメディア』『スェーデンのオンブヅマン』が該当する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
ジャーナリズム.新聞  (070 9版)
行政  (317 9版)
刑法.刑事法  (326 9版)
参考資料
(Reference materials)
『犯罪報道の犯罪』(浅野健一 学陽書房 1984)
『アメリカの新聞』(橋本正邦 日本新聞協会 1988)
『世界のメディア』(教育社国際地域研究センター 教育社 1987)
『スェーデンのオンブズマン 争点シリーズNo.2』(潮見憲三郎 核心評論社 1979)
キーワード
(Keywords)
犯罪
報道の倫理
人権
行政 
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000015408解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決